KGC


[ English ]
国際機構論

お知らせ


科目名国際機構論 [ シラバス ]
http://yorizumi.sfc.keio.ac.jp/

国際機構(international organizations)はどのような役割を担っているのか。それはどのようなプロセスを経て設立されるのか。国際機構と国際政治、国際経済とはどのような関係にあるのか。国民国家が国際関係の基本的アクターであるが、国際機構は各国の国家主権とはどのような関係なのか。このようなテーマを中心に、国際連合やWTOなどを具体的に検討しながら、国際社会の制度化を推進する国際機構のダイナミックな側面に光を当てる。


担当者 渡邊 頼純
授業期間2011年秋学期 火曜日2時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2011/09/27 イントロダクション
- 講義資料(PDF)
- 【履修者限定】
国際機構論で何を学ぶか?


第02回2011/10/04 国際機構論とは?
- 講義資料(PDF)
-
国際機構は「何故?」、「どのように?」存在するのか?国際機構の起源とし
ての「戦争」、「革命」、「地球的問題」


第03回2011/10/11 国際機構創設の動因
-
- レジュメ(PDF)
ウェストファリア体系(nation-state system)の部分的修正とその維持とし
ての国益の伸張。共通利益と相互依存


第04回2011/10/18 国際機構の構造・機能・意思決定
構造の一般的パターン(総会と理事会、事務局)。フォーラムとしての機能、
情報機能、基準設定機能、規範創設機能、規範実施・監視機能、現業的機能


第05回2011/10/25 国際連合(1)
- レジュメ1(PDF)
- 参考資料(PDF)
- TPP(環太平洋経済連携協定)を「国際機構論」の観点からどう見るか?
国連成立の経緯。国連の機関と機能。冷戦期と冷戦終焉後の国連。事務総長
と事務局の陣容と機能


第06回2011/11/01 国際連合(2)
- APEC2010の論点 【履修者限定】
- レジュメ(PDF) 【履修者限定】
国連システムの特徴と課題。「普遍性」の光と影。流入する世界的諸問題。国
連の限界、国連改革の展望


第07回2011/11/08 GATT/WTO体制(1)
- 国際機構論の観点から見たTPP問題
国際貿易における多国間主義の成立と展開


第08回2011/11/15 GATT/WTO体制(2)
- 講義資料(PDF)
- WTOと国内規制 【履修者限定】
紛争解決メカニズム、WTOの「憲法的機能」とマルチラテラズム


第09回2011/11/29 WTOと国内規制
- 講義資料(PDF)
ゲスト講演


第10回2011/12/06 地域的国際機構
- (URL)
- 12月12日(月)上智大学におけるTPP講演会(案内)
- レジュメ(PDF)
- 講義資料2(PDF)
- 講義資料1(PDF)
EU(欧州連合)の諸機関。欧州評議会(Council of Europe,在ストラスブ
ール)、北欧評議会、ASEAN等


第11回2011/12/13 地域間国際協力の枠組み(APEC とASEM)
- GATTWTO体制と日本
- WTO15年の曲折
アジア太平洋経済協力会議(APEC)の機能と発展。アジア欧州会合(ASEM)の
機能と発展。


第12回2011/12/20 国際社会の組織化とその限界−国際貿易−
- 講義資料(PDF)
- レジュメ(PDF) 【履修者限定】
WTOと反グローバリズム・反自由貿易。WTOに関する誤解とその反証


第13回2011/12/27 国際社会の組織化とその限界−環境−
- 講義資料(PDF)
- 参考資料(PDF)
WTOにおける「貿易と環境」問題。「宇宙船地球号」はどこへ行く?


第14回2012/01/17 国際社会の組織化とその限界−人権−
- 国連と日本外交(PDF)
- 参考資料(PDF) 【履修者限定】
普遍的価値としての人権


第15回2012/01/17 国際社会の組織化とその限界−正義と平和−
- 国連と日本外交
正義と平和をどう実現するか


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について