KGC


[ English ]
認知・脳科学論

お知らせ


科目名認知・脳科学論 [ シラバス ]
http://cogpsy.sfc.keio.ac.jp/imai/index.php?%BC%F8%B6%C8%A5%DA%A1%BC%A5%B8%2F%C7%A7%C3%CE%C7%BE%B2%CA%B3%D8%CF%C0

認知科学は、人の心の科学的理解にとって大きな進歩をもたらし、近年は脳内神経メカニズムまでが認知科学の射程となった。その発展に伴い知覚、記憶、言語、意思決定、感情などの認知・神経機構についての理解が進んだが、同時にそれぞれの研究分野が細分化され、人の心の全体像が見えにくくなっている。本講義では、認知科学のはじまり、発展の中で起こったいくつかの重要なパラダイムシフトに焦点を当て、担当者[安西・今井]、数名のゲストによる講義により、パラダイムシフトが起こった背景と最先端の研究に至る展開を紹介する。さらに、各テーマについて、担当者、ゲスト、受講者を交えたディスカッションを行い、認知科学の基本的な考え方、研究手法についての理解を深めるとともに、改めて人の心の理解のための認知科学の成果を俯瞰的に見つめなおし、各自が将来の研究の方向性について考える。講義、ディスカッションは日本語で行う予定だが、履修者の希望、ゲストの都合などで一部を英語にすることもありうる。


担当者 今井 むつみ安西 祐一郎
授業期間2011年春学期 水曜日2時限
授業レベル 大学院
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2011/05/11 認知科学とは何か?(安西・今井)
認知科学の主題となっているいろいろな問題について、安西・今井が例を出
し合って受講者と対話し、認知科学の面白さを最初に共有するとともに、講
義参加者に認知科学の基本的な研究テーマを理解してもらう。例:知覚する
とはどういうことか? 知覚と運動はどう関係しているか? 感情とは何
か? ことばの意味とは何か? 知識とは何か?概念化(カテゴリー化)と
は何か? 記憶とは何か? 問題を解くとはどういうことか? 熟達とは何
か? 発達とは何か? コミュニケーションとは何か? 脳と心はどんな関
係にあるか? 心とは何か? 情報とは何か? いろいろな応用など。
最後に、「認知科学とは何か」についても議論する。

第02回2011/05/25 認知科学研究の例 1(今井・安西)
- 講義資料(PDF)
認知科学の研究として、今井と安西それぞれの研究テーマの話題を提供し、
講義参加者と議論する。
今井:語意の推論と語彙の発達 


第03回2011/06/01 認知科学研究の例(安西・今井)
- 講義資料(PDF)
第2回に引き続き、認知科学の研究として、安西が研究テーマの話題を提供
し、講義参加者と議論する。
問題解決・思考・意思決定の認知科学的研究およびその展開。


第04回2011/06/08 認知科学の歴史と方法:その1(安西・今井)
認知科学探究の枠組みを、歴史的経緯を追いながら呈示し、それについて議
論する。
認知現象探究の歴史。
認知現象探究の方法論:実験心理学的方法、脳神経科学における方法、モデ
ル構成的方法、エスノグラフィの方法、
構造と機能、全体論と局所論、情報の概念、表現と処理、理論とモデル、説
明のレベル、研究の方法論。

第05回2011/06/15 認知科学の歴史と方法:その2(安西・今井)
- 今井先生講義資料(PDF)
- 安西先生講義資料(PDF)
前回の続きとして、情報科学の方法論について概説する。とくに、テュ―リ
ングマシン、フィードバックシステム、情報理論の3つについて概要を述
べ、認知科学におけるモデル構成的方法への波及、および情報科学的方法論
の限界について述べる。



第06回2011/06/22 記憶の認知科学 (今井・安西)
認知科学における記憶・イメージ研究の歴史的経緯と概説
例1:記憶と知識の情報表現に関する研究 [安西]
例2:日常の記憶、記憶と言語の関係に関する研究 [今井]


第07回2011/06/25 言語の認知科学【補講】2限 12時開始
認知科学における言語研究の歴史的経緯と概説
例1:言語と思考の情報処理モデルに関する研究 [安西]
例2:言語と思考の関係に関する研究 例えば色の知覚と言語の関係 [今井]

第08回2011/06/25 言語の認知科学(今井・安西)【補講】3限
認知科学における言語研究の歴史的経緯と概説
例1:言語と思考の情報処理モデルに関する研究 [安西]
例2:言語と思考の関係に関する研究 例えば色の知覚と言語の関係 [今井]

第09回2011/06/25 視覚の認知科学【補講】4限
認知科学における知覚研究の歴史的経緯と概説

例1:David Marrの視覚早期過程の理論。[安西]
例2:知覚への高次認知の影響[今井]
例3:顔認識と物体認識:領域固有か領域一般の熟達化プロセスなのか [今
井]
 

第10回2011/06/25 視覚の認知科学研究の新しい展開(ゲスト・今井・安西)【補講】5限
顔認知、物体認知のモデュール性と生得性:乳児研究から
ゲスト: 山口真美 (中央大学文学部)



第11回2011/06/29 情動と社会性の認知科学(今井・安西)
例1:情動をどうとらえるか、情動と認知の関係、共同注意の概念に基づく
コミュニケーションのモデル [安西]
例2:意図を理解する能力の発達、語意学習と意図の理解、心の理論と言語
学習、進化心理学 [今井]

第12回2011/07/06 学習の認知科学 (安西・今井) 
- 安西先生講義資料(PDF)
- 今井先生講義資料(PDF)
認知科学における学習研究の歴史的経緯と概説


第13回2011/07/16 熟達の認知科学(今井・安西)【補講】3限
認知科学における熟達研究の歴史的経緯と概説

第14回2011/07/16 熟達研究の新しい展開 (ゲスト・今井・安西)【補講】4限
熟達者の神経メカニズム 理研 Wan Xiao Hong 将棋熟達プロジェクト 直
観はどこから来るのかを脳科学から探る

第15回2011/07/16 これからの認知科学で扱うべき重要な問題 (安西) 【補講】5限
- 安西先生講義資料(PDF)



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について