KGC


[ English ]
環境ビジネスデザイン論

お知らせ


科目名環境ビジネスデザイン論 [ シラバス ]


低炭素社会に移行するためには、環境的側面、経済的側面、社会的側面の統合的な向上が必要であり、そのためにビジネスが果たす役割を強化することが必要である。
低炭素社会におけるビジネスの構築を検討するにあたり、基礎と実際を学び、低炭素社会の構築に向けたビジネスのあり方について基本的な視点を獲得する。


担当者 小林 光松尾 直樹吉高 まり
授業期間2011年秋学期 月曜日5時限
授業レベル 大学院
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2011/09/26 イントロダクション
- Presentation Sample 【履修者限定】
- Introduction for Proposal and Presentation 【履修者限定】
授業概念、第2回以降の授業予定、授業の手法の説明(課題のプレゼンについ
ての説明)


第02回2011/10/03 国内外における環境政策動向と低炭素ビジネス
- Basics of Eco-business
- introduce myself
日本の環境・公害問題の経験と教訓、日本及び世界の政策動向、低炭素ビジ
ネスの可能性とインパクトの大きな政策オプション


第03回2011/10/17 地球温暖化対策ビジネスの全般的な動向・課題
- 講義資料
ビジネス環境の変化としての視点、新しいニーズはどのようなものが生まれ
るか、新しい付加価値とはどのようなものがありうるか


第04回2011/10/24 排出権市場の構成とプレーヤー,ボランタリー市場・グリーン電力
- 講義資料
排出権の市場とはどういったものか、主要プレーヤーの振る舞いとその背景
となる状況、地球温暖化対策としての視点、市場は今後どう発展するか


第05回2011/10/31 日本の環境経済政策制度(1)
- Japan's environmental policy
環境の価値がネグレクトされる背景、PPP,それを内在化させるための政策
各種の環境規制がど のように経済活動に影響するか(自動車排ガス規制、工
場からの大気汚染規制、石油・石炭税)


第06回2011/11/07 日本の環境経済政策制度(2)
- Environmental^economic policy 【履修者限定】
低炭素開発関連公共事業
再生可能エネルギー法、自然公園法など


第07回2011/11/14 炭素クレジットビジネス概論
- 講義資料
炭素クレジットのビジネスの投資の仕組み
CDMの仕組と関係者の役割
相乗便益(コベネフィット)効果とビジネス


第08回2011/11/28 低炭素社会への国内外のビジネス
- 講義資料 【履修者限定】
- JVER (URL)
- 森林保護
国内外における低炭素ビジネス(ケーススタディ)


第09回2011/12/05 国内ESCO等低炭素関連ビジネス
- Presentation data(K Tsutsumi) 【履修者限定】
- The Japan Journal MAY 2007 ECO
ゲストスピーカーによる国内低炭素関連ビジネスに関する講義


第10回2011/12/12 低炭素社会の国内外のビジネス機会と展望
- 講義資料 【履修者限定】
CDMとポスト京都における新メカニズムの動向
CDM Financing


第11回2011/12/19 環境金融概論
- 講義資料 【履修者限定】
- 講義資料2
環境金融一般、
環境ビジネスの実施に関わる資金スキーム


第12回2011/12/26 低炭素社会とソーシャルビジネス
- 講義資料
ソーシャルビジネス(BOPビジネスを含む)と環境ビジネス


第13回2012/01/07 プレゼンテーションと講評
- Presentation material1(pdf)
- Presentation material2(pdf)
- Presentation material3(pdf)
- Presentation material4(pdf)
プレゼンテーションと講評


第14回2012/01/16 ゲストスピーカー
- 講義資料(PPT) 【履修者限定】


第15回2012/01/16 補講:
- 講義資料1 【履修者限定】
- 講義資料2 【履修者限定】
質疑応答



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について