KGC


[ English ]
インターネット

お知らせ


科目名インターネット [ シラバス ]



この授業はインターネットをキャンパス環境として試験的に運用し情報社会への大きな貢献をしてきた湘南藤沢キャンパスにおいて、次の世代の情報社会を構築するために必要な理念、技術、社会制度、マーケットなどを広範囲に学ぶことを目的としている。
インターネットとそのサービスを構成する技術とその仕組み、および運用方法について学習し、インターネットが現在のように「接続するモノ」と「接続する方法」両面に対する多様性と「地球全体をカバーする」規模に対する許容性を持った理由と過程を理解することを目的とする。
誰でも、どこでも、いつでも、インターネットが使える社会を創るためには、洗練された技術、優れた制度、自由な発想、先端的なセンス、そして、やりとげる根性を持ち合わせていなければならない。「次の社会は私が創る」「次の世代のためのインフラは俺にまかせろ」という気持ちで履修してほしい。


担当者 村井 純斉藤 賢爾
授業期間2012年春学期 火曜日3時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2012/04/10 インターネットへようこそ
- インターネット第一回資料
・ようこそ”インターネット”へ!
・インターネットとは 
・インターネットのインパクト
・我が国のインターネットの歴史と役割 
・本講義の進め方
・SFC-SFSの説明


第02回2012/04/17 「デジタル」と「つなげる」
- インターネット第二回資料
・デジタル情報の意味とその特徴について 
・自律分散協調 
・プロトコル 
・階層化モデル 
・IP アドレスとルーティング


第03回2012/04/24 コミュニケーションとネットワーク
- 講義資料 (PDF)
・コミュニケーションとは何か
・ネットワークとは何か
・インターネットの自律分散協調とその社会へのインパクトとは


第04回2012/05/08 つなぐ技術
- 講義資料(PDF)
・伝送路
 - Ethernet 
 - 無線LAN 
 - WDM 
 - xDSL 
・競争環境の整備 
・国際線の経済


第05回2012/05/15 花ひらいたウェブの世界
- 演習補足資料 (コピペするテキスト, Windows での設定) (URL)
- 課題No.3レビュー (PDF) (URL)
- 講義資料(PDF)
・ウェブで起きたイノベーション
・セキュリティの基礎
・放送と通信


第06回2012/05/22 n のビジネスを支えるテクノロジ
- 講義資料(PDF)
・大規模サービスを支える技術
・P2P の技術
・分散コンピューティング最前線


第07回2012/05/29 n のビジネスを支えるテクノロジ II
- 授業調査レビュー (PDF) (URL)
- 講義資料(PDF)
・クラウドコンピューティング
・P2P の技術
・社会の既存ルールとの衝突 


第08回2012/06/05 持ち歩く情報環境
- 課題No.4「モバイルセンサで世界ふしぎ発見!」レビュー (URL)
- 講義資料
・携帯電話の変遷 
・スマートフォン
・無線通信技術
・ad-hoc通信
・センサプラットフォームとしての携帯電話ネットワーク


第09回2012/06/12 Thinking RealSpace - 感じる地球
- 講義資料
・インターネット自動車 
・実空間でのサービスとランデブーポイント 
・モバイルセンサネットワーク


第10回2012/06/19 放送の進化
- 講義資料(PDF)
・2012年の TV とインターネット


第11回2012/06/26 こども・若者とインターネット
- 講義資料(PDF)
・権利の保護を多面的に見る
・裏サイトの功罪
・草の根メディア 
・digital native と digital divide


第12回2012/07/03 医療・健康・超高齢化社会とインターネット
- 講義資料(PDF)
・個人情報の扱い
・政治の問題点 
・技術による解決と規則による解決


第13回2012/07/10 グローバルなガバナンス
- 講義資料(PDF)
・機関と標準化 
・意志決定の方法 
・ICANN, IETF 
・ドメイン名を巡る問題 
・新たなTLD 


第14回2012/07/17 まとめ
・本講義の総括
・インターネットのこれからと、これからの私たち



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について