KGC


[ English ]
科学技術とジャーナリズム

お知らせ 11日の授業内テストを受けられなかった学生へ。14日(土)午前0時00分(13日の深夜-14日)に、SFS課題欄に問題を掲示します。締め切りは14日0時50分です。この時刻を過ぎたら問題は削除されます。回答は課題欄に提出する。これは教室で受講した学生と同一条件です。欠席学生のヒマそうな時間帯を複数の学生に聴取してこの時間帯に決めました。前回のお知らせを訂正しました。SFSの機能の問題で、日付変更時に遅らせました。


科目名科学技術とジャーナリズム [ シラバス ]
http://jun.typepad.jp/junhara

福島原発事故以後、科学技術とジャーナリズムに不信の目が向けられるようになった。 科学技術立国は日本の重要な政策課題であるにもかかわらず、原発事故以前から若者の理科離れ、科学離れも進んでいる。その背景には科学技術への可能性と限界に対する理解が深まっていないという背景があったのではないか。ジャーナリズムは科学技術の夢を語るばかりでその限界や危険性を的確に報道してこなかったのでは、という批判もある。
 科学技術は国民に豊かな生活を提供する一方、安心、安全を脅かす場合もある。国民の安心、安全に直結する問題をいち早く報道するジャーナリズムの責任は大きい。科学技術者も自らの専門に閉じこもり、広く国民の理解を得る努力が不足しているのではないか。
 ジャーナリズムは科学技術の諸問題を的確、迅速に報道する責務がある。また難しい科学技術を分かりやすく表現する必要もある。科学技術者は専門をかみ砕いてマスコミ、国民に説明する努力が必要だ。
 さまざまな科学技術分野の取材経験をもとに、これらの問題を検証するとともに、学生諸君には科学技術についての的確な表現力を身につけてもらうことを目的とする。


担当者 原 淳二郎
授業期間2012年春学期 水曜日5時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2012/04/11 ガイダンス
- 講義メモ 【履修者限定】
授業の進め方、成績評価の方法、
福島原発事故をめぐる課題について。私は原子力村の一員か。


第02回2012/04/18 地震と原発
- 講義メモ 【履修者限定】
- 講義メモ(PDF) 【履修者限定】
科学に、原発に、地震に、想定外は許されるか。


第03回2012/04/25 原発とメディア
- 講義メモ 【履修者限定】
- 配布資料(PDF) 【履修者限定】
メディアは原発事故を早く正しく伝えていなかったのではないか。多く
の国民が疑っている。メディアの自己検証も始まった。


第04回2012/05/09 エネルギーとジャーナリズム
- 講義メモ 【履修者限定】
エネルギー問題は日本のアキレス腱か。エネルギー問題とジャーナリズム。


第05回2012/05/16 コンピューター社会からインターネット社会へ
- 講義メモ
科学技術の進歩と社会の変化。原子力からITへ、そしてエネルギーと情報
の融合へ。


第06回2012/05/23 科学報道って何だ
- 講義メモ
科学報道は特異な分野か。科学報道の歴史と反省。


第07回2012/05/30 日常と科学技術
- 講義メモ
身の回りにある危険。危険情報はどう扱われるか


第08回2012/06/06 宇宙開発は必要か
- 講義メモ
- 配布資料(PDF) 【履修者限定】
先進各国がしのぎを削る宇宙開発。日本はどこまで宇宙と関わるのか。


第09回2012/06/13 地球温暖化問題のウソ、ホント
- 講義メモ
福島原発事故以降、地球環境問題の影が薄くなった。リオ20+も関心
をもたれない。環境問題はどこへいってしまったのか。


第10回2012/06/20 医療をめぐる大問題
- 講義メモ
- 配布資料(PDF) 【履修者限定】
医学界とメディア。日本の心臓移植の皮肉な歴史。


第11回2012/06/27 薬害とメディア
- 講義メモ
薬害の歴史には良い面でも悪い面でもメディアが大きく関わっている。


第12回2012/07/04 科学技術政策
- 講義メモ
- 配布資料(PDF) 【履修者限定】
科学技術立国は可能か。日本の科学技術教育はこれでいいのか。「なぜ世界
で2番目ではいけないの?」科学技術予算の事業仕分けをめぐって。


第13回2012/07/11 授業内テスト/良い文章
- 講義メモ
科学技術とジャーナリズムについて、簡単なテストをします。期末テス
トはしません。通信機能つきPCなど何を持ち込んでもかまいません。
欠席する学生は私かSAさんに事前に申し出てください。


第14回2012/07/18 原発政策とメディア
- 内閣府原子力委員会HP「原子力委員会について」 (URL)
- 内閣府原子力委員会HP「鈴木達治郎委員長代理」 (URL)
- 鈴木達治郎氏関連記事2(PDF) 【履修者限定】
- 鈴木達治郎氏関連記事4(PDF) 【履修者限定】
- 鈴木達治郎氏関連記事5(PDF) 【履修者限定】
- 鈴木達治郎氏関連記事3(PDF) 【履修者限定】
- 鈴木達治郎氏関連記事1(PDF) 【履修者限定】
鈴木達治郎原子力委員長代理の講演「福島事故以降の原子力政策課
題」。忙しい人なので急遽中止になるかもしれませんが、いまのところ
OKは出ています。



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について