KGC


[ English ]
ガバナンス論

お知らせ


科目名ガバナンス論 [ シラバス ]
http://www.pac.sfc.keio.ac.jp/sone-lab/

 ガバナンスは、 日本では 「統治」 とか 「協治」 などが使われ、 中国語では 「治理」と訳されていますが、その内容はさまざまに使われています。 ともすれば、 抽象的な概念の問題に終始しがちな 「ガヴァナンス」 問題を、具体的な事例として、「原発エネルギー問題」「オリンパス粉飾事件」「高速道路公団」や「郵政公社」の民営化とは何であったのか、「NHK」のガバナンスや「地方破綻」におけるガバナンス問題を論じてみます。
 今まで数多く論じられてきたコーポレート・ガバナンスからはじめ、金融システムのガバナンス、グローバル・ガバナンス、さらにはサイバースペースにおけるガバナンス、地方分権のガバナンスなどへと発展させて考えてみます。キーワードはマクロ、ミクロのガバナンスの他に「メゾガバナンス」です。また、ここで扱おうとしている中心的な分析対象は、政治・行政・市場で、さらに、それら制度間のガバナンスの問題も考えてみます。


担当者 曽根 泰教
授業期間2013年春学期 火曜日1時限
授業レベル 大学院
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2013/04/09 ガバナンスとは  治理、協治、統治?
- 講義資料(PDF) 【履修者限定】
一体何がガバナンスの問題なのか。最近Governance問題の具体例が多数出て
きています。「福島第1原発」「オリンパス粉飾事件」「郵政民営化」、「相
撲協会」、「NHKを巡る問題」、「世界金融危機」など、議論すべき問題
には枚挙がありません。何が問題なのか問題の所在をあきらかにします。そ
して、自分が担当すべきテーマを選ぶ準備をします。


第02回2013/04/16 「ガバナンス」を論ずるために
- 講義資料(PDF) 【履修者限定】
ガバナンスを考えるときに、さまざまな概念が役にたちます。
複雑系、場、合意形成、リアルタイム、意思決定、政治、行政、市場、組
織、制度、制度間のガバナンスまでの広がりをあることを扱います。
概念と論点の整理をします。


第03回2013/04/23 組織(コーポレート)のガバナンス問題
- 講義資料(PDF) 【履修者限定】
「ガバナンス不全症候群」『東洋経済』2011.12.17
岩井 克人『会社はこれからどうなるのか』(平凡社、2003年)
伊丹敬之『日本型コーポレートガバナンス』(日本経済新聞社、2000年)
深尾光洋『コーポレート・ガバナンス入門』(ちくま新書、1999年
田村達也『コーポレート・ガバナンス』(中公新書、2002年)
ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス『コーポレート・ガバナンス』
(ダイヤモンド社、2001年)


第04回2013/05/07 日銀の独立性問題
特殊法人日銀の独立性はなぜなければいけないのか。イングランド銀行との
対比で考えてみよう。それは「シビリアンコントロール」との違うのか。日銀
だけでなく、NHKのガバナンスとは。個別企業を離れた問題のガバナンスと
は。


第05回2013/05/14 NHKのガバナンス
NHKをガヴァナンス問題としてみると、どうしたらいいのだろうか。会長選出
の経営委員会の迷走ぶりは、はしなくも、ガバナンスに欠陥があることを示
した。BBCとの比較では?経営委員会の改組は?国会の関与は? 国際発信
は?
E・クラウス『NHK対日本政治』(東洋経済新報社、2006)


第06回2013/05/21 政党のガバナンス
民主党政権の反省に、「政党のガバナンス」がないという意見がよく出て来ま
す。それでは、政党のガバナンスとは何なのでしょうか。逆に、ガバナンス
が効いている政党とはどのようものなのでしょうか。


第07回2013/05/28 国内秩序のガバナンス
「サブプライムローン問題」とは何だったのか。世界金融危機はなぜ起きる
のか、リーマンショックや1997年アジア金融危機を例に、何が問題だったの
か?ガバナンス問題をグローバルな例を使って考えてみます。
M・ルイス『世紀の空売り』(文藝春秋、2010)
ポールソン『ポールソン回顧録』(日本経済新聞社、2010)
ルービン『ルービン回顧録』(日本経済新聞社、2005)


第08回2013/06/04 グローバルガバナンス
- 曽根先生参考資料1(PDF) 【履修者限定】
- 曽根先生参考資料2(PDF) 【履修者限定】
世界金融危機を契機にして、さまざまな会議が開かれ、提言がなされていま
す。本当に、グローバルガバナンスは確保されるのでしょうか。IMF、G7、
G20などが果たしている役割の再検討ですが、バブルの発生の抑制と、危機対
応ができるようなシステムを作ることができるのでしょうか。
ラジャン『フォールト・ラインズ』(新潮社、2011)


第09回2013/06/11 民主主義の実験(ガバナンス)
- 講義資料(PDF) 【履修者限定】
メディアの発達の下で、民主主義は変わりうるのか、変わるとしたらどのよ
うな方向か。実験として、討論型世論調査(Deliberative Poll)をガバナンス
問題として考えてみます。「年金をどうする〜世代の選択」や「原発エネル
ギー問題」を考えてみます。
<参考文献>
フィシュキン『人々の声が響き合う時』(早川書房、2011)
J. Fishkin, The Voice of the People (Yale University Press,1995)
J. Fishkin, Democracy and Deliberation (Yale University Press, 1991)
"Deliberative Poll", The Independent , May 9, 1994
ダール『デモクラシーとは何か』(岩波書店、2001年)
http://keiodp.sfc.keio.ac.jp/index.html
ビデオテープのデータ蓄積があります


第10回2013/06/18 エジプト体制転換とガバナンス


第11回2013/06/25 ローカル・ガバナンスを地方財政破綻に見る
大阪市、夕張市、第3セクターなどの問題をメゾガバナンスの問題を考える。
中央・地方の制度設計もガバナンスを考える例です。ガバナンスが動くよう
に設計し直すことは可能でしょうか。
<参考文献>
赤井信郎『行政組織とガバナンスの経済学』(有斐閣,2006)
堀場勇夫・望月正光『第三セクター』(東洋経済新報社,2007)
高橋洋一『財投改革の経済学』(東洋経済新報社,2007)
村松岐夫『地方自治』(東大出版会、1988年)
西尾勝『未完の分権改革』(岩波書店、1999) 


第12回2013/07/02 医師不足はなぜ起きる
地方の医療で、医師不足が起きている。小児科医、産婦人科医だけの問題で
はない。メゾガバナンスのシステムの問題として考えてみる。
平山愛山・秋山美紀『地域医療を守れ』(岩波書店、2008)


第13回2013/07/09 Inter-Institutional Governance:Global and National Financial Architecture
- 講義資料(PDF) 【履修者限定】


第14回2013/07/16 ガバナンスのまとめ
- 講義資料1(PDF) 【履修者限定】
- 講義資料2(PDF) 【履修者限定】
ペーパーの提出日として予定しています。
ガバナンス論で取り上げた問題に共通することは何か。ガバナンス論を体系
化してみる。
ガバナンスという大問題を整理するために、討論をしようと考えています
が、詳細は授業中にお知らせします。



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について