KGC


[ English ]
パターンランゲージ 【学期前半】

お知らせ


科目名パターンランゲージ 【学期前半】 [ シラバス ]


この授業では、創造的な未来をつくるための言語「パターンランゲージ」について、その考え方と方法を学びます。パターンランゲージでは、創造・実践の経験則 を「パターン」という小さな単位にまとめ、それを体系化します。かつて、建築家のクリストファー・アレグザンダーは、いきいきとした町や建物に繰り返し現れる関係性をパターンとして定義し、253個のパターンを抽出・記述しました。その後この考え方は、ソフトウェア開発の分野に応用され、現在でも広く活用されています。SFCでは、創造的な学びのための「ラーニング・パターン」や、創造的プレゼンテーションのための「プレゼンテーション・パターン」、創造的コラボレーションのための「コラボレーション・パターン」などが制作されてきました。この授業では、パターンランゲージの考え方を学びながら、新しい分野において自らパターン・ランゲージをつくることができるようになることを目指します。


担当者 井庭 崇
授業期間2014年秋学期 木曜日2時限,木曜日3時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2014/09/25 イントロダクション
- 講義資料(PDF)
この授業の内容と進め方と、パターンランゲージの背景にある考え方を説明
します。また、創造的コラボレーションのパターン・ランゲージの「コラボ
レーション・パターン・カード」を用いて、これまでの経験について語り合
う対話ワークショップを行います。


第02回2014/09/25 パターン・ランゲージのこれまでとこれから
- 講義資料(PDF)
パターン・ランゲージの歴史や機能について説明した上で、パターン・ラン
ゲージをつくるということはどういうことかについて話します。さらに、コ
ラボレーション・パターンの作成プロセスや、企業における取り組み、国際
学会・コミュニティについても紹介します。


第03回2014/10/02 パターンの掘り起こし方(Pattern Mining)#1
- 講義資料(PDF)
パターン・ランゲージのつくり方について学び、自分たちの経験からパター
ンを抽出する方法を理解し、グループで実践します。


第04回2014/10/02 パターン・マイニング実践
- 講義資料(PDF)
パターン・ランゲージのつくり方について学び、自分たちの経験からパター
ンを抽出する方法を理解し、グループで実践します。


第05回2014/10/09 エレメント・クラスタリング
- 講義資料(PDF)
経験から得られた結果をもとに、状況・問題・解決というパターン形式で書
いていく方法を学び、実践します。


第06回2014/10/09 パターン・ライティング
- 講義資料(PDF)
経験から得られた結果をもとに、状況・問題・解決というパターン形式で書
いていく方法を学び、実践します。


第07回2014/10/16 パターンの磨き方(Pattern Improvement) #1(内容編)
- 講義資料(PDF)


第08回2014/10/16 パターンの磨き方(Pattern Improvement) #2(表現編)
- 講義資料(PDF)


第09回2014/10/23 パターン・ランゲージの編み上げ方
- 講義資料(PDF)


第10回2014/10/23 パターン・イラストのつくり方
- 講義資料(PDF)


第11回2014/10/30 ゲストスピーカー対談 #1
- 岩波氏講義資料(PDF)
- 小林氏講義資料(PDF)
- 井庭先生講義資料(PDF)
パターン・ランゲージを実際に活用している方をゲストにお呼びし、お話を
伺います。(グループワークで完成させたパターン・ランゲージを、この日
に提出してもらいます。)


第12回2014/10/30 ゲストスピーカー対談 #2
- 三浦氏講義資料(PDF)
パターン・ランゲージを実際に活用している方をゲストにお呼びし、お話を
伺います。(グループワークで完成させたパターン・ランゲージを、この日
に提出してもらいます。)


第13回2014/11/06 グループワーク成果発表と対話ワークショップ #1
グループワークで作成したパターン・ランゲージを発表し、それを用いた対
話ワークショップを行います。


第14回2014/11/06 グループワーク成果発表と対話ワークショップ #2
- 講義資料(PDF)
グループワークで作成したパターン・ランゲージを発表し、それを用いた対
話ワークショップを行います。



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について