KGC


[ English ]
インターネット時代のセキュリティ管理 (GIGA)

お知らせ


科目名インターネット時代のセキュリティ管理 (GIGA) [ シラバス ]
授業中にアナウンスします

現在、インターネットは我々の生活に浸透し、社会生活のあり方を変えつつあ
る。インターネットは高い自由度を持ち、世界の大多数の国と地域に接続性を提
供し、インターネットを活用することでさまざまな問題解決が図られるグローバ
ルな基盤環境である。インターネットによって様々な利便性が高まった一方で、
情報漏洩や不正アクセス等のセキュリティ問題も顕在化している。基盤環境には
安全安心の確保が求められるが、高度な課題であり、かつ時とともに変化するダ
イナミックな問題でもある。
今後、社会基盤としてインターネットがより浸透するためには、セキュリティ対
策の拡充が求められているが、グローバルな視点に立ったセキュリティ対策は、
複雑に絡み合った問題を取り扱わなければならず、異なる特性を持った個人、組
織、社会等の視点とその要求を整理した上で解決を図る必要があり、具体的な手
法も時々刻々変化していく特性をもっている。特にセキュリティ対策は技術的、
制度的要素から構成され、時には政府の政策に関係することもある。これら政策
は政府による個別施策や、国家間における条約にも影響される。
また、セキュリティ管理を考える場合に、動的に変化するリスクも取り扱わなけ
ればならない。この中で、大きく変化してきたのが、サイバー犯罪である。従来
型のサイバー攻撃に加えて、サイバーテロと呼ばれる政治的思想を背景にした犯
罪行為や、経済的利益を追求した高度な情報技術を利用したハイテク犯罪も広が
りを見せている。
本授業では、現在のインターネットにおけるセキュリティ問題を取り上げ、社会 や組織における対応手法、そして問題解決のための技術や規範・ルール策定について解説を行う。そしてグローバル社会のセキュリティ、国際社会のセキュリティ、日本や各国の 役割と責任といった異なる視点がどのような関連かを議論する。また、医療と健 康や、メディア、農業など、新しい領域を具体的に捉えたセキュリティに対する アプローチを議論する。さらに、インターネットにおけるセキュリティ対策はどうあるべきかを、授業に 参加する各学生自身にさまざまな視点から考えてもらう。また、本授業は奈良先 端科学技術大学院大学情報科学研究科で実施される授業と遠隔合同授業として実施する。


担当者 村井 純武田 圭史
授業期間2014年秋学期 木曜日2時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2014/09/25 Course Description
- Lecture Material (PDF)
授業の概要を説明し、各教員から授業に対するメッセージを伝える。
In the beginning of the lecture, both teachers will give opening 
remarks on the lecture.


第02回2014/10/02 デジタルファブリケーションとセキュリティ Digital Fabrication and Security
- Lecture Material (PDF)
デジタルファブリケーション及び関連するセキュリティの課題、関連技術等
について議論する。
Introduced technology on digital fabrication and related security 
issues.


第03回2014/10/09 デジタルコンテンツとセキュリティ Digital Contents and Security
- Lecture Material (PDF)
デジタルコンテンツの管理とその関連技術、セキュリティに関する課題を取
り扱う。
Management of digital contents, technologies for contents management 
and security issues on digital content would be discussed.


第04回2014/10/16 学生発表 1 コンテンツセキュリティ Student Presentation-1 Contents Security
- Lecture Material (PDF)
グループワークの課題に対する報告を行い、教員、学生と共に議論する。 第
一回のテーマはコンテンツセキュリティとする。
Teams report and discuss their assignment.  Topic 1 is Contents 
Security


第05回2014/10/23 プライバシーとセキュリティ(1) Privacy and Security(1)
- Lecture Material (PDF)
個人情報の取り扱い、特に国家間をまたぐ個人情報の転送の際に生じるリス
ク、また政策上の問題について議論する。
The handling of personal information, particularly, the risks 
arising from transferring personal information across nations, as 
well as policy issues will be discussed in this lecture.


第06回2014/11/06 プライバシーとセキュリティ(2) Privacy and Security(2)
- Lecture Material (PDF)
今後ますます活用が見込まれているビッグデータ及びそこでの個人情報及び
プライバシーの取扱いと今後の政策課題について議論する。
In this lecture, we will discuss utilization of big data and related 
issues on personal data and privacy and discuss on political 
situation of personal data.


第07回2014/11/13 IDとセキュリティ ID and Security
- Lecture Material (PDF)
ID技術及び関連するセキュリティ技術、現在日本で導入が進められている共
通番号制度(マイナンバー)などについて議論する。
Discuss on various Identification(ID) on systems and related 
security technology, especially common numbering scheme, "MyNumber 
System" being introduced to Japan would be covered.


第08回2014/11/27 学生発表 2 プライバシーとセキュリティ Student Presentation-2 Privacy and Security
- Lecture Material (PDF)
グループワークの課題に対する報告を行い、教員、学生と共に議論する。 第
二回のテーマはプライバシーとセキュリティする。
Teams report and discuss their assignment.  Topic 2 is Privacy and 
Security.


第09回2014/12/04 医療とセキュリティ Health care and Security
- Lecture Material (PDF)
医療分野におけるセキュリティの取り組み事例等について議論する。
Security issues and practices in health care industry would be 
discussed.


第10回2014/12/11 Vehicle Security
- Lecture Material (PDF)


第11回2014/12/18 学生発表 3 医療とセキュリティ Student Presentation-3 Health care and Security
- Lecture Material (PDF)
グループワークの課題に対する報告を行い、教員、学生と共に議論する。 第
三回のテーマは医療とセキュリティする。
Teams report and discuss their assignment.  Topic 3 is Health care 
and Security.


第12回2015/01/08 グローバルガバナンスとセキュリティ Global Governance and Security
- Lecture Material (PDF)
グローバルシステムとしてのインターネットとそのセキュリティの管理、国
家と社会、国際条約等のあり方について議論する。
Discuss Governance of Internet as Global System and their Security, 
Role of Nation, Society and International treaty etc.


第13回2015/01/15 最終発表(1) Final Presentation(1)【補講:10月30日休講分】1限実施
グループワークの最終発表を行う。
Final presentation of the group work will be held. 


第14回2015/01/15 最終発表(2) Final Presentation(2))【補講:12月25日休講分】2限実施
グループワークの最終発表を行う。また、第14回は、本授業の総括を行う。
Final presentation of the group work will be held. In this last 
lecture, we will sum up all the topics undergone.



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について