KGC


[ English ]
知的財産権論

お知らせ


科目名知的財産権論 [ シラバス ]


知的財産とは、個人や企業が生み出す付加価値のうち、著作物、発明、考案、意匠、植物品種、営業秘密、商標、サービスマークといった「もの」をさします。知的財産権とは、それらに対して法的に認められた権利の総称です。憲法や民法を基盤に、著作権法、特許法、実用新案法、意匠法、種苗法、不正競争防止法、商標法によって規定されています。人々の知的な生産活動の成果であるとともに、企業経営、マーケティング、そして先端技術開発に密接に関わる法分野です。
本講義では、それらの意義と機能を体系的に明らかにしたうえで、特に著作権と著作権法を素材としながら、知的財産制度の理解を深めていきます。その過程で、IT、デジタル・コンテンツ、インターネットにおける知的財産の利用や流通に関連する諸問題を取り上げながら、国際的視点を交えて具体的に考察を加えていきます。


担当者 塩澤 一洋
授業期間2014年秋学期 月曜日1時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2014/09/22 【非公開】「知的財産」とは何か
「知的財産」とは何かについて、社会的に意義と法体系における意義とを明
らかにする。

第02回2014/10/20 【非公開】「知的財産」とは何か(2)

第03回2014/10/27 【非公開】法体系における「知的財産権」の位置づけと意義
日本の法体系を概説した後、そのなかにおいて「知的財産権」がどのように
規定され、機能しているのかについて明らかにする。

第04回2014/11/10 【非公開】著作権と特許法

第05回2014/11/17 【非公開】著作物とは何か

第06回2014/12/01 【非公開】著作物とは何か(2)

第07回2014/12/06 【非公開】著作物とは何か(3)【補講:9/29休講分@ι23】

第08回2014/12/08 【非公開】著作者の権利の内容

第09回2014/12/15 【非公開】知的財産権の利用
知的財産権の行使方法とその効力の限界について論ずる。

第10回2014/12/22 【非公開】その他の知的財産権の意義と目的

第11回2015/01/14 【非公開】著作権の制限

第12回2015/01/19 【非公開】特許法/著作権法の存在意義


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について