KGC


[ English ]
ビジュアライゼーション

お知らせ


科目名ビジュアライゼーション [ シラバス ]


Webやパソコンの中の大量の情報/複雑な情報/時間変化する情報を人間にわかりやすい形で表現することによって情報の検索や理解を容易にする情報視覚化技術全般について解説する。AR, GISなど関連する技術についても解説する。


担当者 増井 俊之
授業期間2014年秋学期 木曜日5時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2014/09/25 情報視覚化の概要
- 講義資料 (URL)
情報視覚化システムの現状及び研究の歴史を紹介し、情報視覚化技術と本講
義の概要を述べる。 


第02回2014/10/02 情報視覚化の基礎技術
- 講義資料 (URL)
看板やポスターなどで情報をわかりやすく人間に提示するためのノウハウは
昔から広く知られている。また、計算機の小さな画面で大量の情報を効率的
に扱えるようにするための3次元表示、ズーミング、情報の変型表示、フィル
タリングなどの技術や対話的操作技術が存在する。情報視覚化に必要なこれ
らの基礎的な技術について解説する。 


第03回2014/10/09 階層的データの視覚化
- 講義資料 (URL)
大規模なデータは階層的に構成されているものが多い。近年の計算機のファ
イルシステムは階層的なディレクトリ構造を持っているし、地理情報/書籍情
報/辞書などのような大規模データは階層的に構成されている。巨大な階層的
データを視覚化するための各種の手法を解説する。 


第04回2014/10/16 ネットワークデータの視覚化
- 講義資料 (URL)
Web上の情報は階層的に構成されておらず、多数の情報がリンクによって結合
されているという特徴がある。脳内の情報もWebの情報も、現実社会の情報の
多くはきちんと階層化されておらず、雑多な情報がリンクされたものになっ
ていると考えられる。ネットワーク的に結合された情報を視覚化する技術を
紹介する。 


第05回2014/10/23 情報視覚化とGUI
- 講義資料 (URL)
メニューやスクロールバーのようなGUI(グラフィカルユーザインタフェース)
部品が広く利用されているが、このようなGUI部品は計算機情報の対話的視覚
化ツールだということもでき、様々な拡張が提案されている。計算機操作を
効率化するための視覚化技法について述べる。


第06回2014/10/30 様々なデータの視覚化
- 講義資料 (URL)
気温や株価のように時間とともに変化する値を表現するグラフはなじみ深
い。時間とともに非定常的に変化する情報や、局所的に変化する情報など、
時間とともに変化する様々なデータを視覚化する方法を解説する。 


第07回2014/11/06 Augmented Reality
- 講義資料 (URL)
大量のデータの中から必要な情報を効果的に検索する手法として様々な情報
視覚化技術が利用されている。検索結果を絞り込むためにキーワードや条件
を用いたフィルタリングを利用することが一般的であるが、データ間の関連
を利用する手法も有効である。検索作業を支援するための情報視覚化手法に
ついて解説する。 


第08回2014/11/13 情報視覚化とGUI
- 講義資料 (URL)


第09回2014/11/27 Webと情報視覚化
- 講義資料 (URL)
Webは情報視覚化技術の壮大なテストベッドとなっている。情報視覚化の対象
となるデータのほとんどがWeb上に存在し、データを検索したり閲覧したりす
るための様々な情報視覚化システムがWeb上で提供されている。ブラウザを
使った各種のWeb情報視覚化システムの技法や実例を紹介する。 


第10回2014/12/04 ProcessingとCanvas
- 講義資料 (URL)


第11回2014/12/11 様々な視覚化プログラミング環境
- 講義資料 (URL)


第12回2014/12/18 雑多な話題
- 講義資料 (URL)


第13回2014/12/25 雑多な話題(2)
- 講義資料 (URL)


第14回2015/01/08 D3実習
- 講義資料 (URL)



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について