KGC


[ English ]
環境エネルギー情報論

お知らせ


科目名環境エネルギー情報論 [ シラバス ]


この授業はインターネットを中心とした「デジタル情報革命」を推進し情報社会への大きな貢献をしてきた湘南藤沢キャンパスが、次なる産業革命と目される「環境エネルギー革命」の推進役となるために、必要な理念、技術、社会制度、マーケットなど広範囲に学ぶことを目的としている。環境エネルギー革命を推進する科学技術の基礎と原理について学習した後、インターネット技術によって実現されるエネルギーフローと情報フローとの関連性を定義し、今後必要となるエネルギー情報技術の標準化の方向性、および地球規模でのエネルギー情報社会のあり方を展望することを目的とする。インターネット技術を駆使して、地球規模でのエネルギーフローを計測・制御するためには、科学技術に関する本質的な理解、適切な制度設計、柔軟な発想と自らがイノベーションを起こす主体となる姿勢が重要である。


担当者 藤原 洋
授業期間2014年秋学期 火曜日2時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2014/09/30 イントロダクション
- 第一回資料 【履修者限定】
・科学技術の歴史とその本質 
・動力革命とその推進原理 
・重化学工業革命とその推進原理
・デジタル情報革命とその推進原理


第02回2014/10/07 エネルギー供給システムとは(基礎編1)
- 第2回資料 【履修者限定】
・発電システム 
・送電システム
・配電システム
・エネルギー供給システムにおける情報技術 


第03回2014/10/21 ゲスト対談その1:SIM-Driveのオープンソース電気自動車開発
- 第3回資料 【履修者限定】
ゲストを招いて最先端の話題を取り上げ、家庭内、ビル内、工場内エネルギ
ー供給、社会全体のエネルギー供給、電気自動車とそれに付随する問題につ
い
て議論や考察を行う


第04回2014/10/28 交通システムとは(基礎編2)
- 第4回資料 【履修者限定】
・鉄道システム 
・道路システム
・航空システム
・交通システムにおける情報技術


第05回2014/11/04 ホーム内エネルギー供給とは(基礎編3)
- 第5回資料 【履修者限定】
・宅内配電網 
・宅内電気機器のエネルギー消費
・宅内エネルギー供給における情報技術


第06回2014/11/11 ビル内エネルギー供給とは(基礎編4)
- 第6回資料 【履修者限定】
・ビル内配電網 
・ビル内電気機器のエネルギー消費
・ビル内エネルギー供給における情報技術


第07回2014/12/02 工場内エネルギー供給とは(基礎編5)
- 第7回資料 【履修者限定】
・工場内配電網 
・工場内電気機器のエネルギー消費費
・工場内エネルギー供給における情報技術


第08回2014/12/09 エネルギー供給システムの革新技術その1(応用編1)
- 第8回資料 【履修者限定】
・太陽光発電とは 
・太陽光発電システムとは 
・太陽光発電の今後の展望
・太陽光発電における情報技術 


第09回2014/12/16 エネルギー供給システムの革新技術その1(応用編2)
- 第9回資料 【履修者限定】
・風力発電とは
・風力発電の市場動向
・地熱発電とは
・地熱発電の市場動向
・その他の可能性


第10回2014/12/26 エネルギー供給システムの革新技術その2(応用編3)
- 第10回資料 【履修者限定】
・高温直流超伝導とは 
・高温直流超伝導システムとは 
・高温直流超伝導の今後の展望
・高温直流超伝導における情報技術


第11回2015/01/06 交通システムの革新技術(応用編4)
- 第11回資料 【履修者限定】
・電気自動車とは 
・電気自動車システムとは 
・電気自動車の今後の展望
・電気自動車における情報


第12回2015/01/13 地産地消環境エネルギー革命(応用編5)
- 第12回資料 【履修者限定】
- レポート問題 【履修者限定】
・地産地消とは
・地産地消と自然エネルギー
・地産地消環境エネルギー革命のシナリオ


第13回2015/01/20 まとめ・技術の標準化とは?
- 第13回資料(PDF) 【履修者限定】
・環境エネルギー技術の標準化動向
・本講義の総括
・環境エネルギーの情報技術のこれから



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について