KGC


[ English ]
心のオシャレ学

お知らせ


科目名心のオシャレ学 [ シラバス ]
http://web.sfc.keio.ac.jp/~watanabe/psy1.htm

大学生は、青年期の最終段階に位置する。青年期の課題は、「自我同一性の確立」である。「私とは、何か?」について、十分に模索し、自分探しの旅を通して、「これぞ私だという私」を発見することが重要である。心のオシャレ学では、自我の発達、フロイトの精神分析、ユングの分析心理学を通して、自我を見つめ、そして、創造性や動機づけについて学び、自分の可能性を最大限伸ばしてゆく手がかりを与えてゆく。本講義の目指すところは、各自が自分のライフデザインを設計し、人生目標に向かい、自分自身の可能性を最大限伸ばすようにすることである。そして、心がオシャレといわれるような性格を形成することである。
教科書:渡辺利夫 2003 心のライフデザイン ナカニシヤ出版
渡辺利夫 2009 1億人のための心のオシャレ人生設計 ナカニシヤ出版


担当者 渡辺 利夫
授業期間2016年春学期 木曜日5時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2016/04/07 【非公開】授業内容の説明 (自我の発達をはかる)
授業内容の説明および評価の方法に関する説明を行うとともに
自我の発達を測る心理テストを実施し、他の学生の結果と比較
し、自我の発達についての意識を高める。

第02回2016/04/14 【塾内限定公開】自我の発達(1)(乳児期から青年期中期まで)
乳児期・児童期・青年期初期および青年期中期の自我の発達に
ついて説明し、自我がどのようにして作られてきたかについて
考える。


第03回2016/04/21 【塾内限定公開】自我の発達(2)(青年期後期から成人期まで)/精神障害(1)(外因性精神障害と内因性精神障害)
青年期後期から成人期における自我の発達について説明する。
青年期以降は、親によって作られた自我から自分で作る自我
へと移行する段階である。自我同一性確立のために何が必要
かについて考える。

自我が正しく成長しないと精神障害に陥ってゆく可能性が増し
てゆく。ここでは、青年期に起こりやすい外因性精神障害と内
因性精神障害について説明する。


第04回2016/04/28 【塾内限定公開】精神障害(2)(心因性精神障害I)
心因性精神障害は大きく神経症・心身症・行為障害に分類される。
ここでは、神経症(パニック障害・恐怖症・強迫神経症等)につ
いて説明する。


第05回2016/05/12 【塾内限定公開】精神障害(3)(心因性精神障害II)
心因性精神障害のうち、心身症(拒食症)・行為障害(登校拒否・
自殺・暴力)について説明する。


第06回2016/05/19 【塾内限定公開】フロイトの精神分析
フロイトの精神分析における心の構造、防衛機制について説明をする。


第07回2016/05/26 【塾内限定公開】ユングの分析心理学
ユングの分析心理学における普遍的無意識についておよび自己実現
について説明してゆく


第08回2016/06/09 【塾内限定公開】恋愛心理学


第09回2016/06/16 【塾内限定公開】 アドラーの個人心理学とバーンの交流分析I
交流分析における交流分析パターン・脚本分析・時間の構造化につ
いて説明する。脚本分析においては、悪い人生脚本からの脱却、時
間の構造化では、真の交流について考えてゆく。


第10回2016/06/23 【塾内限定公開】バーンの交流分析II
交流分析における交流分析パターン・脚本分析・時間の構造化につ
いて説明する。脚本分析においては、悪い人生脚本からの脱却、時
間の構造化では、真の交流について考えてゆく。


第11回2016/06/30 【塾内限定公開】知能について
知能についての定義、測定方法、知能に影響を与える要因について説
明する。


第12回2016/07/07 【塾内限定公開】創造性について
創造性をのばすにはどうしたらよいのか、創造性のプロセス、創造性
の要因について説明してゆく。


第13回2016/07/14 【塾内限定公開】動機づけI
報酬にを与えることによって人を動機づける外発的動機づけについて 
説明する。


第14回2016/07/21 【塾内限定公開】動機づけII
外的報酬なしに人を動機づける内発的動機づけについて説明する。



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について