KGC


[ English ]
言語とヒューマニティ

お知らせ


科目名言語とヒューマニティ [ シラバス ]


この授業では、主に人文諸科学的な見地から、現代社会の諸問題について考えていくことを目的とする。グローバリーゼーションの世界とは、単一の価値基準によってつながる世界であると楽観する前に、果たしてそもそも、人と人は理解しあっているのだろうか、という問いをたずさえることからこの授業は出発する。人と人がコミュニケーションを取るということは、そこに言葉が介在するのだが、その言葉は果たして無色透明な道具として機能するだろうか?また「人」と「人」と言う時、その「人」は果たして同じ価値基準をもって交流しているのだろうか?
 この授業は以上のような問題意識にたち、現実の事象を扱う手前で、「言語」と「人間」の意味について哲学・文学・歴史・芸術といった観点から考察を加えていくつもりである。


担当者 國枝 孝弘
授業期間2016年秋学期 水曜日1時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2016/09/28 イントロダクション
- 引用「美を求める心」(小林秀雄) 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)
この授業の方法・目的・鍵となる概念などについて説明をする。


第02回2016/10/05 言葉にするということ=表現するということ
- 配布資料(引用)(PDF) 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)


第03回2016/10/19 言葉にするということ=表現するということ+喪失についてのレッスン
- 配布資料(引用)(PDF) 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)(


第04回2016/10/26 喪失についてのレッスン+「意味の二重性・意味の生成・その困難さ」
- 講義資料(PDF)


第05回2016/11/02 「意味の二重性・意味の生成・その困難さ」 作品解釈のためのプレレッスン
- 配布資料(引用)(PDF) 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)


第06回2016/11/09 「芸術と意味の創造」ミメーシス(模倣)理論
- 配布資料(引用)(PDF) 【履修者限定】
- 配布資料(中間レポート)(PDF) 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)


第07回2016/11/23 喪の作業とは何かーその個人的営み、他者との共感ー
- 配布資料(引用)(PDF) 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)


第08回2016/11/30 喪をどのように表象するか?
- 配布資料(引用)(PDF) 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)


第09回2016/12/07 原爆の表象(1)ー記憶の義務から想起の可能性へー 体験者のいない時代に
- 配布資料(記事抜粋・引用)(PDF) 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)


第10回2016/12/14 原爆の表象(2)ー記憶の義務から想起の可能性へー 体験者のいない時代に
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(引用)(PDF) 【履修者限定】


第11回2016/12/21 原爆の表象(3)表現の模索と伝えること/ 病の表象 石牟礼道子『苦海浄土』
- 配布資料(引用)(PDF) 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)


第12回2017/01/11 病の表象 石牟礼道子『苦海浄土』 (2)
- 講義資料(PDF)


第13回2017/01/18 異化・主体・体験の分有〜大江健三郎の表現を中心に〜
- 配布資料(引用)(PDF) 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について