KGC


[ English ]
フォレスト・プロダクツ論 (寄附講座)

お知らせ


科目名フォレスト・プロダクツ論 (寄附講座) [ シラバス ]


本授業は、従来からの林学の範疇をこえて、新しい林業のあり方を主として産業面(林産学)から考察する全く新しいアプローチの授業である。日本は森林資源に恵まれ、木造の歴史・文化がある一方、欧州とは違い産業として成立しているとはいいがたい状況であった。昨今では、新しい取り組みが各地で生まれ、林業の活性化こそが地域再生の起爆剤となるという期待もある。本授業では、適宜ゲストをお迎えし、林業、林産業の現状をつぶさに学び、木材の特質、住宅産業の取り組みなどを交えて多角的な視点で森林資源をとらえ、これからの木材利用の可能性について議論する。そして、林業の再生から、地域、日本社会活性化の道筋を検討し、慶應義塾にふさわしい社会の先導者の育成を目指す。


担当者 安藤 直人一ノ瀬 友博
授業期間2016年秋学期 水曜日3時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2016/09/28 【非公開】木を知る
- 講義資料 【履修者限定】
ガイダンス:今、なぜ木材なのか?日本の森林資源状況と木材利用の現状を概
観する。また、毎回の授業の概要、成績評価ルールなどを説明する

第02回2016/10/05 木を使う
- 講義資料2 【履修者限定】
木材の多様な用途と木質材料の種類を知る。さらに、森林・木材関連産業の現
状と将来像を議論する


第03回2016/10/12 【非公開】木を活かす
- 講義資料 【履修者限定】
森林が果たしている多面的機能とは何か?日本における人と森の関係、を学ぶ
中で、森林・木材関連産業の現状と低炭素社会の将来像、環境問題について検
討を行う

第04回2016/10/19 森と生きる
- 講義資料 【履修者限定】
森林と林業の現状と将来像から山の仕事の実際と地域活動 外部講師予定


第05回2016/10/26 企業が所有する森林の意義
- 講義資料(PDF) 【履修者限定】
企業が所有する森林を概観し、それらの活用事例を通じて企業の環境貢献をど
のように行うか議論する
講師:三井物産㈱、三井物産フォレスト㈱ 


第06回2016/11/02 サステナブルな森林の活用
- 講義資料(PDF) 【履修者限定】
国際森林認証FSCの意義や制度の背景を概観し、企業の取組み事例を通じて、
持続可能な森林資源について議論する。
講師:NPO日本森林管理協議(FSCジャパン)、三井物産㈱


第07回2016/11/09 【非公開】資源活用とサステナブル産業
- 講義資料 【履修者限定】
人と木の関わりと、日本のサステナブル産業を多角的な視点で捉える

第08回2016/11/23 木造建築のススメ1
- 講義資料 【履修者限定】
日本の住宅工法の変遷とこれからの課題。耐震性・省エネルギー性・耐久性・
メンテナンス性


第09回2016/11/30 【非公開】木造建築のススメ2
- 講義資料 【履修者限定】
学校、商業施設等の非住宅用途の木造建築例やセルフビルド例を通して、木材
利用の実践に取り組む事例と課題を検討する

第10回2016/12/07 【非公開】木造建築のススメ3
- 講義資料 【履修者限定】
詳細は授業で説明する

第11回2016/12/14 【非公開】木材利用の可能性1
- 講義資料 【履修者限定】
海外事例の紹介と木を使うことの意義を再確認し、総合的に討論する

第12回2016/12/21 【非公開】木材利用の可能性2
- 講義資料 【履修者限定】
グループディスカッションを行い、森林資源、木材利用技術を通して国際社会
の中での日本の役割と今後の可能性を考察する

第13回2017/01/11 【非公開】エコプロダクツ展8−10に振替
ディスカッション

第14回2017/01/18 【非公開】フォレスト・プロダクツ論の総括
- 講義資料 【履修者限定】
資源/技術/商品化/流通/貿易/木の文化等のキーワードを整理しつつ、社
会ニーズとのマッチングについて考察し、総括する


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について