KGC


[ Japanese ]
BLOCKCHAIN (寄附講座)

NEWS


TitleBLOCKCHAIN (寄附講座) [ Syllabus ]
https://gc.sfc.keio.ac.jp/
Blockchain, proposed in 2008 by a developer known as Satoshi Nakamoto as a distributed relative timestamp technology for realizing Bitcoin, a digital currency system, is now not only considered as a foundation of digital currencies but also that for various application possibilities including contracts in general and automatic administration of corporations. But any applications cannot be discussed apart from its technological characteristics. In the class, technology for blockchain and other distributed ledgers are explained, their suitabilities are clarified, their application possibilities are considered and discussed based on understanding of the latest technology trends. The goal of the class is for students to acquire basics for creating technology for new social foundations and/or for clarifying requirements for such technology.


Faculty Kenji Saito,Jun Murai
Term2017 Fall
Level Undergraduate


Inquiry - Inquiry about this course


Lecture Video & MaterialsFlash Player
Flash Player is required to play the videos.
Click the lecture title to see lecture materials and video
#012017/04/13 ブロックチェーン概論
- 講義資料(PDF)
・世界に起きつつある変化とは 
・ビットコインブロックチェーンの紹介 
・応用可能性と不可能性 
・技術動向


#022017/04/20 ビットコインの技術 基礎編
- 講義資料
・ビットコインブロックチェーンの機構 
 - 正当性の保証 (レッジャー構造)
 - 存在の証明 (分散タイムスタンプ)
 - 唯一性の合意 (コンセンサス機構)
 - アプリケーションロジック 
・ウォレット


#032017/04/27 ビットコインの技術 詳細編
- 講義資料 (PDF)
・データ構造と検証可能性 
・スクリプト言語 
・ネットワーク 


#042017/05/11 暗号技術のリテラシー
- 講義資料 (PDF)
・暗号学的ハッシュ関数 
・デジタル署名 
・脅威と防御 
・新たな基盤のための暗号技術 


#052017/05/18 分散システムのリテラシー
- 講義資料 (PDF)
・分散システムの各法則とブロックチェーン 
・未知の参加者との耐ビザンチン障害性 
・P2P のエッセンス 
・分散システムから見たブロックチェーンの課題 


#062017/05/25 アプリケーション (1)
- 授業資料 (PDF)
・ニュースから読み解く応用事例
・ビットコインブロックチェーンの応用 


#072017/06/01 ブロックチェーン 2.0
- 講義資料 (PDF)
・ビットコインブロックチェーンの拡張 
 - カラードコインとオープンアセッツ 
 - セグウィット 
 - 拡張の手続き
・ブロックチェーンの拡張技術 
 - 持ち分証明 
 - サイドチェーン 
 - ライトニングネットワーク 
 - 時刻の扱い


#082017/06/08 イーサリアムとスマートコントラクト
- 講義資料 (PDF)
・スマートコントラクトの社会性 
・イーサリアムブロックチェーンの機構 
 - 正当性の保証 (レッジャー構造)
 - 存在の証明 (分散タイムスタンプ)
 - 唯一性の合意 (コンセンサス機構)
 - アプリケーションロジック (スマートコントラクト) 
・イーサリアム仮想マシン
・ブロックチェーンにおけるスマートコントラクト 
・地球規模オペレーティングシステム


#092017/06/15 ハイパーレッジャーとその他の分散レッジャー技術
- 講義資料 (PDF)
・ハイパーレッジャー Fabric, Sawtooth, Iroha の機構 
 - 正当性の保証 (レッジャー構造)
 - 存在の証明 (分散タイムスタンプ)
 - 唯一性の合意 (コンセンサス機構)
 - アプリケーションロジック (スマートコントラクト) 
・ハイパーレッジャーの応用
・R3 コーダ
・タングル


#102017/06/22 Q & A
- 講義資料 (PDF)
・ここまでについて質問に答え、提案にもとづいて議論する


#112017/06/29 アプリケーション (2)
・金融、法曹、行政、その他各産業へのインパクト

#122017/07/06 分散レッジャーとデジタル市民社会
・市民社会へのインパクト 
・人間の自由とブロックチェーン 
・よりよい社会に向けてできることは

#132017/07/13 アイデアソン 対話編
・政府・公共、財産・所有、決済・送金、共有・貸与、 
 通信・社交、物流・追跡、医療・健康、環境・制御などに関する 
 ブロックチェーンの応用アイデアについて対話する

#142017/07/20 アイデアソン 発表編
・対話篇で紡ぎ出されたアイデアをまとめ、グループで発表する


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
Copyright of this site