KGC


[ English ]
地域と社会(アジア・大洋州)

お知らせ


科目名地域と社会(アジア・大洋州) [ シラバス ]


中国は一般に中央集権国家であるといわれていますが、基層社会においては中央にとって想定外の事態が次々と起こる国です。一党統治の維持を前提にした中央集権が、実は地方の暴走につながるという深刻なパラドクスを抱えています。改革開放後約30年を経たといわれる現在、そうした矛盾はより深刻化しているといえるでしょう。そこで本講義では、民族、歴史、文化、制度といった観点から諸相から諸問題の根源を見つめ、中国の「国家=社会」関係について考察します。


担当者 田島 英一
授業期間2018年春学期 月曜日3時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2018/04/09 導入
- PPT 【履修者限定】
半年間どのような問題意識にもとづいて中国という地域を分析するか。


第02回2018/04/16 「大伝統」論
- PPT 【履修者限定】
儒教は宗教か、それとも国家イデオロギーか。その今日的意味を考える。


第03回2018/04/23 「小伝統」論
- PPT 【履修者限定】
中国は今でも農業大国。農村を支える共同体意識について。


第04回2018/05/07 イデオロギー論
- PPT 【履修者限定】
毛沢東は「実事求是」を強調、中国的マルクス主義を模索した。この点は訒小
平も変わらない。中国とという文脈におけるマルクス主義を考える。


第05回2018/05/14 経済格差論
- PPT 【履修者限定】
90年代以降の急激な経済成長が生んだ、若者の二極化について。


第06回2018/05/21 メディア論
- PPT 【履修者限定】
インターネットが公共討議にはたした役割。


第07回2018/05/28 少数民族論1
- PPT 【履修者限定】
チベット問題を中心に。


第08回2018/06/11 少数民族論2
- PPT 【履修者限定】
チベット問題を中心に。


第09回2018/06/18 現代宗教論1
イスラムを中心に。

第10回2018/06/25 現代宗教論2
プロテスタントを中心に。

第11回2018/07/02 現代宗教論3
カトリックを中心に。

第12回2018/07/09 「市民社会」論
公共知識分子やNPOの台頭。

第13回2018/07/16 「民主化」論
中国民主化の可能性とシナリオ。

第14回2018/07/16 総括 1
これまでの話の総括


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について