KGC


[ English ]
インドネシア文化論

お知らせ


科目名インドネシア文化論 [ シラバス ]
not available at the moment

 本授業の目的は、様々な変化が生じている現代インドネシアの様々な事象を検証し、インドネシア社会を理解することにある。
 現代のインドネシアは、1998年にスハルト権威主義体制が崩壊して以降、民主化と共に、経済成長も目覚ましい。また一方で、民主主義が定着し始めた社会において、イスラームが顕在化し、社会の様々な側面で力を発揮してきている。
 授業では、個別の事例を検証しながら、このような特徴を持つインドネシアの実態や、社会の変化の様子を明らかにしていきたい。
 授業で直接扱うのは、インドネシア社会であるが、類似の特徴を持つ、あるいは同様の変化を経験しているアジアの新興国や、混乱が続く中東イスラーム世界など、他の地域の事例も視野に入れつつ、話を進めていきたい。


担当者 野中 葉
授業期間2018年秋学期 金曜日3時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2018/09/28 はじめに
授業の説明、イントロダクション


第02回2018/10/05 インドネシアの建国
- 第2回講義資料 【履修者限定】
地理的・歴史的特性、建国理念パンチャシラ


第03回2018/10/12 【非公開】スハルト体制の光と影
- 第3回講義資料 【履修者限定】
開発優先政策による経済成長、生活の安定、教育水準の向上。一方で、反対勢
力に対する徹底的な弾圧、富の集中

第04回2018/10/19 【非公開】レフォルマシ(改革)の実現
スハルト体制の終焉、民主化に向けた制度改革、選挙制度改革と選挙の実施

第05回2018/10/26 【非公開】経済成長の実現、中間層の出現
大国としての自信、ライフスタイルの変容、ソーシャルメディアの発展、疑似
中間層の出現、いびつな発展

第06回2018/11/02 【非公開】イスラームの顕在化
インドネシアの宗教、公共宗教の理論

第07回2018/11/09 ムスリマのヴェールと服装①
ジルバブ着用運動、ファッションとしてのヴェール

第08回2018/11/16 ムスリマのヴェールと服装②
ジルバブ着用運動、ファッションとしてのヴェール

第09回2018/11/30 大学ダアワ運動のひろがり
世俗大学のエリート学生たちのイスラームへの傾倒、社会への影響

第10回2018/12/07 【非公開】政治的イスラームの台頭と停滞
イスラーム政党の成長と停滞、イスラーム主義、「アラブの春」との関連

第11回2018/12/14 【非公開】教対立、不寛容
宗教的不寛容の拡大、イスラーム的解決の模索

第12回2018/12/21 【非公開】イスラーム的文学、イスラーム的映画
「イスラーム的なことは良いこと」という価値観の醸成、共有

第13回2019/01/11 【非公開】イスラーム・マーケット①
ハラール・ビジネス、ムスリム観光、日本とインドネシアの新しい関係

第14回2019/01/18 【非公開】イスラーム・マーケット②
ハラール・ビジネス、ムスリム観光、日本とインドネシアの新しい関係


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について