KGC


[ English ]
出版の未来

お知らせ


科目名出版の未来 [ シラバス ]


本講義では、グーテンベルグの時代からインターネットの時代にいたる流れの中で、「出版」をめぐる技術的・社会的課題を整理し、体系的に理解することを目指す。技術的な可能性のみならず、文化や制度とともに形づくられていく「出版」がどう変容していくかについて、長期にわたる経験と最新の現場の知見とを動員しながら考察する。
とくに、(従来からの)書籍、電子出版、ウェブブラウザなどもふくめ、媒体の多様性・流動性を理解しながら「パブリッシング=公にすること(世に問うこと)」の未来について考えてみたい。


担当者 村井 純加藤 文俊佐藤 雅明
授業期間2018年秋学期 火曜日2時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアルFlash Player
授業ビデオの再生にはFlash Playerが必要です。
受講したい回をクリックしてください。
第01回2018/09/25 イントロダクション
- 加藤先生講義資料(PDF)
 - 講義概要、すすめ方、スケジュール、課題等について


第02回2018/10/02 出版の歴史
- 吉井さん講義資料
 - パブリッシュ(公にすること)とは
 - ニュース・アーカイブ
 - 海外出版事情


第03回2018/10/09 出版の可能性
- 加藤先生講義資料(PDF)
 - これからのパブリケーションの可能性について
 - 課題について(グループ分け)


第04回2018/10/16 日常生活と読書
- 講義資料(PDF)


第05回2018/10/23 出版物の構成要素/パーツ
- 吉井さん講義資料
 - 職人・組織・ビジネス
 - 印刷技術


第06回2018/10/30 出版と日常生活
- 講義資料(PDF)
 - 読書行動の変容
 - 移動と読書
 - 書店・書斎・オフィス空間


第07回2018/11/06 「過去」から視てみる「未来」
- 吉井さん講義資料


第08回2018/11/27 中間プレゼンテーション
 - 課題についてグループごとに中間報告を行う


第09回2018/12/04 ゲスト講演


第10回2018/12/11 講評

第11回2018/12/18 デジタル時代の出版物をめぐる権利
 - 日本における「出版」の特殊性
 - 出版の国際化と法律的問題

第12回2018/12/25 出版の国際化
 - 出版の国際化
 - クールジャパン

第13回2019/01/08 ビジネスプラットフォーム
 - ビジネスプラットフォーム
 - 出版物の流通プラットフォームについて

第14回2019/01/15 最終プレゼンテーション
 - 課題についてグループごとに最終報告を行う


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について