KGC


[ English ]
ミネルバの森(SFC30周年卒業生連携科目)

お知らせ


科目名ミネルバの森(SFC30周年卒業生連携科目) [ シラバス ]
http://minerva.sfc.keio.ac.jp/

 ミネルバの森委員会のもつネットワークを最大限に活かし、SFCの中に新たなカタチで社会人となった卒業生の「多才な専門性と挑戦」と、何かをカタチにしたくてうずうずしている現役のSFC生の「多才な行動力と挑戦」のコラボレーションで作りあげるコースです。SFC設立30周年を視野に入れて、ミネルバの森講義の基盤構築段階として本講義を捉えています。
 その初年度である2019年春学期は、SFCの学部生とSFC三田会から推薦を受けた卒業生の皆さんとの協創で人間すべての大元である、『生きる』をテーマに、「SFC卒の社会人ならではの専門性+発想力+先端性」と「SFC生ならではの斬新さ+実行力」を持って「何か面白いもの」をかたちにするための「青写真づくり」を本講義の最終目的としています。
 社会に生きる何かを実現するための「青写真づくり」で、社会人となった卒業生と現役の学部生を融合していく流れをつくることで、卒業生と学部生の双方にとって、SFCが「次の次の世代」までを視野に入れた、「基盤となる地を形成し、当事者意識のある血の通った関係性に基づいた、『知』の生まれいずる拠点」になることを目指しています。


担当者 長谷部 葉子
授業期間2019年春学期 金曜日4時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2019/04/12 【塾内限定公開】講義概要・各講師紹介、導入ワークショップ:『生きる』の定義をイメージする
担当教員:長谷部葉子

導入ワークショップ:3枚の絵のワークショップ、過去・現在・未来の「生き
る」を履修各自絵に描き、miniプレゼンテーションにより「生きる」の定義の
イメージ・共有。


第02回2019/04/26 【非公開】『生きる』を自分の専門・興味分野から共有:SBC第2棟合宿
担当教員:長谷部葉子

「生きる」に関する講義+議論
履修者5分間個人プレゼン、テーマ別グループ分け、チームビルディングワー
クショップ 
「つくる」の理論基盤となる参考資料、参考文献による事前準備の指示

第03回2019/04/26 【非公開】『生きる』を自分の専門・興味分野から共有:SBC第2棟合宿
担当教員:長谷部葉子

「生きる」に関する講義+議論
履修者5分間個人プレゼン、テーマ別グループ分け、チームビルディングワー
クショップ 
「つくる」の理論基盤となる参考資料、参考文献による事前準備の指示

第04回2019/05/10 『生きる』を「つくる」1 理論編:講義・パネルディスカッション
- 5/10事前課題
- 0510講義資料(.pdf)
『生きる』を「つくる」原点のひとつとなる「食」を切り口として考える
担当教員:長谷部葉子
コーディネーター:松田龍太郎 食業プロデューサー:環境情報10期生 2003
年卒 
    SFC三田会代表、株式会社oiseau 代表取締役
講師1:食(生産側):早野崇(小笠原崇):総合政策3期生 1996年卒
    有限会社早野商店 取締役 「食用ほおずき」生産
講師2:食(サービス側):星俊作:総合政策3期生 1996年卒
    オイシックス・ラ・大地ソリューション事業本部副本部長



第05回2019/05/17 『生きる』を「つくる」2 実践編:問題発見ワークショップ
担当教員:長谷部葉子、コーディネーター
『生きる』を「つくる」を当事者として実感できる問題発見ワークショップの
経験を通して、自分たちの共通テーマに絡ませて考える
ワークショップのフィードバックの共有


第06回2019/05/24 『生きる』を「つくる」のフィードバックプレゼン・議論
- 発表資料
『生きる』を「つくる」での新たな知見を通しての学びから、グループの興味
分野における「つくる」の部分の青写真をつくり、発表する。
担当教員:長谷部葉子、コーディネーター、(講師はオンラインで任意参加)
チームごとのフィードバックプレゼン・議論


第07回2019/05/31 『生きる』を「保証する」1 理論編:講義・パネルディスカッション
- ゲストプロフィール
- 山川勇一郎さん資料(PDF)
『生きる』を「保証する」原点のひとつとなる「心身の健康・医療」、「イン
フラ(エネルギー)」の切り口として考える
担当教員:長谷部葉子
コーディネーター:鈴木和博 ミュージアム・プランナー 総合政策1期生 
1994年卒 
    SFC三田会事務局、総合政策学部講師(非常勤)
    株式会社乃村工藝社 事業統括センタープランニング統括部企画1部
     第1ルーム ルームチーフ
講師1:心身の健康・医療:坪田康佑:看護医療1期生 2005年卒
    MieTach株式会社 代表取締役 取締役
講師2:インフラ(エネルギー):山川勇一郎:総合政策5期生 1998年卒
    めぐるでんき株式会社 取締役、たまエンパワー 代表取締役
「保証する」の理論基盤となる参考資料、参考文献による事前準備の指示


第08回2019/06/07 『生きる』を「保証する」2 実践編:問題発見ワークショップ
担当教員:長谷部葉子、コーディネーター
『生きる』を「保証する」を当事者として実感できる問題発見ワークショップ
の
経験を通して、自分たちの共通テーマに絡ませて考える
ワークショップのフィードバックの共有


第09回2019/06/14 『生きる』を「保証する」のフィードバックプレゼン・議論
『生きる』を「保証する」での新たな知見を通しての学びから、グループの興
味
分野における「保証する」の部分の青写真をつくり、発表する。
担当教員:長谷部葉子、コーディネーター、(講師はオンラインで任意参加)
チームごとのフィードバックプレゼン・議論



第10回2019/06/21 【塾内限定公開】『生きる』を「演出する」1 理論編:講義・パネルディスカッション
『生きる』を「演出する」原点のひとつとなる「アート」、「映像・音響アー
ト」の切り口からダイナミックに考える
担当教員:長谷部葉子
コーディネーター:星野尉治 マーケティング:政策・メデイア研究科1期生
1996年卒
    SFC三田会事務局、Seven Links Inc. Unica Networks Inc.
講師1:アート(華道):奥平祥子 総合政策8期生 2001年卒
    ホテルオークラ東京石草いけ花
講師2:映像・音響アーティスト:新宮良平:環境情報13期生 2006年卒
    EPOCH Inc. 映像デイレクター
「演出する」の理論基盤となる参考資料、参考文献による事前準備の指示


第11回2019/06/28 【塾内限定公開】『生きる』を「演出する」2 実践編:問題発見ワークショップ 
- 講義資料(PDF) 【履修者限定】
担当教員:長谷部葉子、コーディネーター
『生きる』を「演出する」を当事者として実感できる問題発見ワークショップ
の
経験を通して、自分たちの共通テーマに絡ませて考える
ワークショップのフィードバックの共有


第12回2019/07/05 【塾内限定公開】『生きる』を「演出する」のフィードバックプレゼン・議論
- 次回以降について、他
『生きる』を「演出する」での新たな知見を通しての学びから、グループの興
味
分野における「演出する」の部分の青写真をつくり、発表する。
担当教員:長谷部葉子、コーディネーター、(講師はオンラインで任意参加)
チームごとのフィードバックプレゼン・議論



第13回2019/07/19 【塾内限定公開】最終発表・講評・各担当講師を含めた討論会
全12週を通して描いた『生きる』を「つくる」、「保証する」、「演出する」
からの学びと個人の興味分野、専門分野と絡ませて、新規性、オリジナリティ
のある最終個人発表を行う。
担当者:長谷部葉子、各テーマのコーディネーター、講師、
任意参加:ミネルバの森委員会委員、SFC三田会会員有志



第14回2019/07/19 【非公開】最終発表・講評・各担当講師を含めた討論会 SBC第2棟合宿
全12週を通して描いた『生きる』を「つくる」、「保証する」、「演出する」
からの学びと個人の興味分野、専門分野と絡ませて、新規性、オリジナリティ
のある最終個人発表を行う。
担当者:長谷部葉子、各テーマのコーディネーター、講師、
任意参加:ミネルバの森委員会委員、SFC三田会会員有志



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について