KGC


[ English ]
ビヨンドブロックチェーン応用 (寄附講座)

お知らせ


科目名ビヨンドブロックチェーン応用 (寄附講座) [ シラバス ]


2008年、匿名の開発者サトシ・ナカモトにより、デジタル通貨システム「ビットコイン」を実現するための分散相対タイムスタンプサーバ技術として提案された「ブロックチェーン」は、今やデジタル通貨のみならず、契約や企業の自動経営まで、新たな社会の信用基盤としての様々な応用可能性が取り沙汰されている。しかし、いかなる応用もその技術的特性から離れて議論することはできず、その期待とは裏腹に、ブロックチェーンと名づけられている一連の技術は極めて不完全な状況にあり課題も多い。本科目では、ブロックチェーンおよび関連するレッジャー (台帳) 技術の基礎を押さえつつ、さまざまな応用可能性について検討を加え、多彩なゲスト講義により最新の動向も踏まえた上で議論する。本科目の目標は、新たな社会の信用基盤をかたちづくる技術を自ら生み出せる、あるいはそうした技術に対して要求を突きつけられるための基礎となる力を身につけることである。


担当者 斉藤 賢爾村井 純
授業期間2019年秋学期 火曜日3時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2019/09/24 ブロックチェーン概論
- 講義資料 (PDF)
・世界に起きつつある変化とは 
・ブロックチェーン・レッジャー技術の紹介と技術動向 
・応用可能性と不可能性 


第02回2019/10/01 プレアイデアソン 対話編
- 講義資料 (PDF)
・政府・公共、財産・所有、決裁・送金、共有・貸与、 
 通信・社交、物流・追跡、医療・健康、環境・制御などに関する 
 ブロックチェーンの応用アイデアについて対話する 


第03回2019/10/08 Q & A
- 講義資料 (PDF)
・対話篇で紡ぎ出されたアイデアを共有する 
・社会の新たな信用基盤が可能にすべきことのイメージをまとめる
・Q & A


第04回2019/10/15 ふりかえり (1)
- 講義資料 (PDF)
・これまでの内容に関する技術の補足とQ & A


第05回2019/10/29 ゲスト講義 (1) ─ 法律
・法律家のゲストによる講義

第06回2019/11/05 ゲスト講義 (2) ─ 匿名性ほか
・研究者のゲストによる講義

第07回2019/11/12 ゲスト講義 ─ 財産への応用最前線
・動産・不動産系の応用を推進しているゲストによる講義

第08回2019/11/26 ゲスト講義 ─ 創作物への応用最前線
・創作物の権利系の応用を推進しているゲストによる講義

第09回2019/12/03 ゲスト講義 ─ セレスさま
・株式会社セレスさまより都木社長をお迎えしてのゲスト講義

第10回2019/12/10 ゲスト講義 ─ シェアリングへの応用最前線
・シェアリングエコノミー系の応用を推進しているゲストによる講義

第11回2019/12/17 ゲスト講義 ─ 公共政策への応用最前線
・公共政策系の応用を推進しているゲストによる講義

第12回2019/12/24 ビヨンドブロックチェーン
・ブロックチェーンの課題の解決に向けた一連の新技術

第13回2020/01/07 アイデアソン 対話編
・政府・公共、財産・所有、決済・送金、共有・貸与、
 通信・社交、物流・追跡、医療・健康、環境・制御などに関する
 ブロックチェーンの応用アイデアについて対話する

第14回2020/01/14 アイデアソン 発表編
・対話篇で紡ぎ出されたアイデアをまとめ、グループで発表する


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について