keio_logo

q? SFC-GC Home
q? Class Home
q? 問い合わせ
q? ビデオの見方
q? 著作権について

INDEX
  1. 無線技術と自律分散協調
  2. ポイント
  3. 無線通信の応用分類
  4. 無線ネットワークトポロジの分類(1)
  5. 無線ネットワークトポロジの分類(2)
  6. 無線ネットワークを構成するために必要な機能
  7. 多重化/多元接続/複信
  8. 無線ネットワークを構成するために必要な機能
  9. 変調方式(Modulation)
  10. 多重化(Multiplexing)
  11. 変調・多重化の実際
  12. 多元接続
  13. 無線ネットワークにおけるアクセス制御
  14. アクセス制御方式
  15. 多元接続方式とアクセス制御
  16. ランダムアクセス方式
  17. Pure ALOHA方式
  18. 二項分布とポアソン分布
  19. ポアソン分布
  20. Pure ALOHA方式のスループット計算
  21. Slotted ALOHA方式のスループット計算
  22. スループット比較
  23. 最適値の物理的意味
  24. ALOHA応用例無線タグのマルチリード
  25. 無線タグ読み取りにおけるALOHA方式
  26. 現実の読み取り時間に影響を与える要因
  27. 無線タグの読み取り時間実測32個のタグ
  28. 乱数の生成
  29. Congruential generatorの自己相関
  30. 乱数の生成LFSR(Linear Feed Back Shift Register)
  31. LFSRの自己相関
  32. フレームアロハにおける乱数生成ビット数の影響
  33. CSMA/CACarrier Sensing Multiple Access/Collision Avoidance
  34. CSMA/CA
  35. CSMA/CAの実際 IEEE 802.11(無線LAN)
  36. CSMA/CAの実際 IEEE 802.15.4(Zigbeeの物理/MAC層)
  37. CSMA/CAの実際 UHF帯無線タグシステム(日本・欧州の電波法令)
  38. CSMA/CAによる重み付き分散協調制御の例
  39. CSMA/CAによる周波数利用効率
  40. RFIDリーダを高密度に配置する際の問題=電波干渉
  41. 空きチャネル検索アルゴリズム
  42. 重み付き法
  43. 計算モデル
  44. 送信時間の比較
  45. リーダ5,6の選択チャネル間隔比較
  46. まとめ
  47. 参考文献