keio_logo

q? SFC-GC Home
q? ビデオの見方
q? 著作権について

INDEX
  1. コンピュータ+日本語=情報教育
  2. 私の研究活動
  3. 東大大学院時代
  4. 博士論文用実験セット
  5. 東大理学部物理学教室助手 英国ケンブリッジ大学留学
  6. 豊橋技術科学大学の創設に
  7. 荷電粒子光学
  8. 豊橋技術科学大学で試作したイオンビーム装置
  9. キーボード教育と日本語入力
  10. 発想支援
  11. 景観設計支援
  12. SFCに移る
  13. “日本のソフト技術者“(日経経済教室(1992年6月6日)
  14. 日本のソフトウェア
  15. ソフト技術者の問題
  16. コンピュータは超有能
  17. 産業界、大学それぞれのあるべき姿
  18. 情報産業の技術者レベルの問題
  19. 東証問題
  20. 人材育成計画をどう立てるべきか
  21. ソフトウエア開発の問題点
  22. SBVA法(Scenario-Based Visual Analysis)
  23. 「病院業務」の業務手順書(業務モデル)
  24. SBVA法:業務鳥瞰図の作図
  25. 業務鳥瞰図(1):初期段階
  26. 業務鳥瞰図(2):分析結果
  27. ユースケースモデル
  28. ソフトウェア開発方法論と技術者育成
  29. 開発体験によるプログラミング入門
  30. HCPチャートと目的/手段の分析
  31. HCPチャートと目的/手段の構造表現
  32. コラボレイティブ・マネジメント型情報教育
  33. コラボレイティブ・マネジメント型情報教育プログラム
  34. 評価委員の声
  35. 日本の情報教育
  36. UNESCOの勧める情報教育
  37. ICT Specialization
  38. SFCの情報教育
  39. 新カリキュラムにおける実務者向け情報教育
  40. 論理思考とプログラミング
  41. 数学と言葉
  42. 数学も英語でやらされている
  43. Alan Kay の作った Squeak 上で、日本語の語順でプログラムを書く
  44. 説明的なコード表現
  45. 生徒作品:アニメーションカード
  46. 生徒作品:虫退治
  47. 言霊アセンブラー
  48. 日本語プログラミングのこれから
  49. コンピュータと付き合うための情報教育の3軸
  50. まとめ
  51. おわりに