KGC

安村通晃教授最終講義
インタラクションデザインとSFCと私

2013年2月2日(土)13:00〜14:30
慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス オメガ22

Start Video
photo

安村 通晃 (Michiaki Yasumura)
環境情報学部教授
政策・メディア研究科委員

学位 理学博士 (東京大学, 1988年)

専門分野 インタラクションデザイン,ヒューマンコンピュータインタラクション、コンピュータサイエンス

所属学会・
団体
ヒューマンインタフェース学会、情報処理学会、ソフトウェア科学会、ACM

主要著作・
論文・作品
〔著書〕複雑さと共に暮らす,新曜社,2011(共著).C++プログラミング筋と定石,ピアソン・エデュケーション,2009(共訳)。インビジブルコンピュータ,新曜社,2009(共訳).未来のモノのデザイン,新曜社,2008(共訳)。新訂版 More Effective C++,ピアソン・エデュケーション,2007 (共訳)。クロフォードのインタラクティブデザイン論,オーム社,2004(監訳)。エモーショナル・デザイン,新曜社,2004(共訳)。アダプティブテクノロジー,慶應義塾大学出版会,2002(共訳)。はじめての並列プログラミング,共立出版,1998 (共編)。ビジュアルインタフェース,共立出版,1996 (共著)。コンピュータの数学,共立出版,1993 (共訳)。コンパイラ構成論,近代科学社,1991(訳書)。
〔論文〕Game2.0: インタラクションデザインから見たゲームの進化,情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会,2008 (共著). Interface2.0: これからのヒューマンインタフェース〜課題と今後,情報処理学会ヒューマンインタフェース研究会,2006(共著).Programming2.0: ユーザ指向プログラミング環境の構築に向けて,情報処理学会夏のシンポジウム2006,2006.Prototyping and Evaluation of New Remote Controls for People with Visual Impairment,ICCHP 2006,Springer LNCS 4061,2006(共著).Interaction design for ubiquitous home ~ From digital storage to human memories,APCHI2006,2006(共著).マルチモーダルプラットフォーム MAI の構築に向けて,コンピュータソフトウェア,1996 (共著)。

個人ウェブページ http://web.sfc.keio.ac.jp/~yasumura/index.shtml

Flash Player
ビデオを視聴するには Flash Player が必要です。
詳しくは提供先のウェブサイトをご覧ください。


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2013, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
湘南藤沢学会 | 著作権について