1. 第1回:時代背景と本講座の位置づけ
  2. A strategist with a mixed background
  3. 主たる近年のpublic works
  4. 啓蒙活動も少々
  5. 本講座の特徴
  6. 3つのデータ
  7. 本講座の特徴
  8. データに関する知識と力だけでは何のバリューも出ない
  9. データドリブンな課題解決領域の広がり
  10. A strategist with a mixed background
  11. データドリブンな課題解決領域の広がり
  12. 1次データ、2次データ
  13. データ解析
  14. 本講座のスタイル
  15. 課題1-3
  16. 本講座のスタイル
  17. 基礎講座の具体的なシラバス(概要)
  18. 基礎講座の想定受講者とカバーする内容
  19. 僕らはどんな時代を生きているのか?
  20. コンピューターを持ち歩く時代に
  21. 通信帯域の爆増
  22. 通信が変革のドライバー...ITではなくICTに
  23. 計算キャパシティの爆増
  24. 情報科学の劇的な進化
  25. 歴史的な局面
  26. ボードゲーム最後の、最大の砦が陥落
  27. コミュニケーションは劇的に簡便かつ効率的に
  28. 調べ物も別次元に進化
  29. 情報の発信・拡散も質的に変容
  30. 街もICT化
  31. 全ての産業がデータ×AI化する
  32. New York City 1900
  33. New York City 1913
  34. モノからも含め多種多様なログデータが今後、爆発的に発生…ビッグデータ
  35. 長期間で見たひとりあたりのGDPの推移
  36. 今求められている力
  37. データ利活用実現に向けた課題の広がり(例)
  38. データ×AIの力を解き放つための3つのスキルセット
  39. どの一つが欠けてもダメ、優位はない
  40. データサイエンティストとは
  41. データサイエンティストのスキルレベル
  42. DS以前の人と見習いレベルを分けるもの
  43. 課題1-2
  44. 課題1-1(1)
  45. 課題1-1(2)
  46. 次週予告