1. 第6回:大量データ可視化入門
  2. 第6回目…大量データ可視化入門
  3. 先週(Session 5)のwrap up
  4. 大量データ成型 課題総評
  5. 課題5-1
  6. おつかれさまでした。採点基準はこちら(各2×5=10点)
  7. よい例:性年代ごとのカテゴリ構成
  8. よい例:カテゴリごとの年代構成
  9. よい例:全体傾向を見てから特定カテゴリを深堀り
  10. よい例:特定カテゴリ(スポーツ)に着目して深堀り
  11. よい例:年代をまとめて読み取りやすく加工
  12. 惜しいケース
  13. 不要データ除外とテーブルjoinを正しく行っている例
  14. 惜しい:カテゴリーマスターを使えていない
  15. 惜しい:分析軸が揃ってない
  16. 惜しい:集計計画はOKだが抽出で失敗
  17. 関数の失敗例:行数のカウントと、数値合計の違い
  18. 抽出条件の失敗例:AND条件とOR条件の違いに注意
  19. 時間帯に着目したケース
  20. 時間帯別のアクセス数(ただし集計ミス?)
  21. 居住地に着目したケース
  22. 性年代別のニュースカテゴリ閲覧数構成
  23. 時間帯でも見てみました
  24. 今日のpick up questions(阪上1)
  25. 今日のpick up questions(阪上2)
  26. 今日のpick up questions(阪上3)
  27. 大量データ可視化
  28. 基礎編でのあるquestion(再掲)
  29. データ可視化はビッグデータ利活用の3大要素技術の1つ
  30. 時代を変えているドライバーの1つでもある
  31. データドリブンな課題解決の広がり
  32. 大量データ可視化の対象領域
  33. データを視覚的に見せることの意義
  34. 向いているものはチャートと同じ
  35. Data visualization領域の特徴(1)
  36. データ可視化における視覚化の表現ポイント(参考)
  37. Data visualization領域の特徴(2)
  38. Parallel coordinates(並行座標)
  39. Sankey Diagram(サンキーダイアグラム)
  40. 次元圧縮
  41. N次元空間上の点から3次元空間上への形状変換写像
  42. Data visualization領域の特徴(3)
  43. Scatter plot matrix(散布図行列)
  44. Network layout(ネットワーク図)1
  45. Network layout(ネットワーク図)2
  46. Chord layout(コード図)
  47. Network layout(ネットワーク図)2
  48. Tree(ツリー図/階層構造の可視化)
  49. Radial Tidy Tree(放射状ツリー図/階層構造の可視化)
  50. Data visualization領域の特徴(4)
  51. 等高線チャート(contour map/heat map)
  52. 局在の可視化
  53. Heat map的な時間距離の可視化
  54. 時系列データのダイナミックな比較
  55. 空間的なベクトル(向きと速さ)変化の可視化
  56. 実際に作っている人からの考えを聞いてみましょう
  57. 自己紹介(1)
  58. 1-2 データの可視化とは
  59. 1-2 データの可視化とは(1)-1
  60. 1-2 データの可視化とは(2)-1
  61. 1-2 データの可視化とは(2)-2
  62. 1-2 データの可視化とは(3)-1
  63. 1-2 データの可視化とは(3)-2
  64. どのようなプロセスでつくるのか?
  65. 2-1 大量データ可視化の流れ(1)
  66. 2-1 大量データ可視化の流れ(2)
  67. 2-2 大量データ可視化の流れ 大枠
  68. 2-2 データ準備・データ成型詳細
  69. 2-2 大量データ可視化の流れ
  70. 本日の実習
  71. 自己紹介(2)
  72. 3-1 可視化作業の流れの大枠(おさらい)
  73. 3-1 今回の可視化のお題
  74. 3-1 今回こちらで用意した課題設定
  75. 3-1 課題設定を元に今回用意したデータ
  76. 3-1 データクリーニング
  77. 視覚化作業
  78. 3-2 表現の仕方を考える(1)
  79. 3-2 表現の仕方を考える(2)
  80. 3-2 表現の仕方を考える(3)
  81. 3-2 表現の仕方を考える(4)
  82. 3-2 表現の仕方を考える(5)
  83. 3-2 表現の仕方を考える(6)
  84. 3-2 表現の仕方を考える(7)
  85. 3-2 表現の仕方を考える(8)
  86. 3-2 表現の仕方を考える(結果)
  87. 実際にやってみよう
  88. 3-3 どのような手段で視覚化するか(1)
  89. 3-3 どのような手段で視覚化するか(2)
  90. 3-3 JavaScriptの推奨開発環境について
  91. 3-3 ファイル編集の流れ
  92. 3-3 プロジェクトを開いてHTMLファイルを更新
  93. 3-3 ローカルサーバーの立ち上げ
  94. 3-3 ソースコードの解説
  95. 課題1
  96. 課題2
  97. おわりに