KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


INTERNET SECURITY ARCHITECTURE (Jun Murai

    Semester : 2006 Fall
    Code : 92008 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

    現在、インターネットは我々の生活に浸透し、社会生活のあり方を変えつつある。インターネットは、高い自由度を持ち、全ての国や地域が繋がった状態で整備や問題解決が図られるグローバルなインフラストラクチャである。インターネットによって、経済、社会、そして我々の一般的な生活は劇的に変容し、様々な利便性が高まった一方で、情報漏洩や不正アクセス等の諸問題も顕在化している。特に、個人の持つ利益・権利の保護は、グローバルな視点で早急に進められる必要がある。今後、社会基盤としてインターネットがより浸透していくためには、セキュリティ基盤の整備が求められているが、グローバルインフラストラクチャに対するセキュリティ対策は、これまでに人類は経験しておらず、その構築は容易ではない。

     本授業では、現在のインターネットにおけるセキュリティ問題、社会や組織のその問題への対応、そして解決のための技術等についての講義を通し、グローバルインフラストラクチャであるインターネットにおけるセキュリティ対策はどうあるべきかを授業に参加する各学生自身に考えてもらう。各学生が主体的に考えられるように、毎週の授業はディスカッションを重視して行う。従って、積極的に議論に参加することを履修条件とする。なお、シラバスの内容は履修者の興味の対象や時事の問題によって、変更が生じる可能性がある。また、本授業は奈良先端科学技術大学院大学の山口英教授と遠隔合同で行う。


2. Materials/Reading List

    SOIの授業ページで適宜紹介する.


3. SCHEDULE

    #1 授業概要
    ・毎回の授業形式と全13回の授業の構成
    ・SOI環境の利用方法に関する説明

    #2 個人と社会のセキュリティ (1)
    インターネットは国境を基調とした境界線を持たず、ネットワークの運用母体によって境界線が引かれ、自立分散的に運用されているグローバルネットワークである。
    高い自由度をもつインターネットは急速に普及し,近年は社会的基盤としてその価値を高めており、社会の依存度に比例する形で耐故障性や頑健性が日増しに求められている。また一方で、現在インターネットでは、悪意を持った攻撃や不正アクセス等が問題視されており、個人と社会が安心して利用出来る社会基盤として、セキュリティに対する要求は高まっている。

    ここでは、インフラストラクチャとしてみた「社会」のインターネットと「個人」で利用するインターネットの双方に焦点をあて,現状の問題と今後の課題について述べ、明確な境界線を持たないインターネット上でのセキュリティとは何かを議論する。

    #3 個人と社会のセキュリティ (2) 

    #4 個人と社会のセキュリティ (3) 

    #5 デジタルコミュニケーションにおけるコンテンツマネジメント (1)
    コンピュータの高性能化に伴い、各種コンテンツのデジタル化が容易になり,同時にインターネットの広帯域化によって,ネットワークを通じた容易なコンテンツの発信や受信が実現した.同時に,これまでアナログ媒体を前提としていた著作権管理方法だけでは,デジタル化されたコンテンツへの対応が困難になっている.
    高度にデジタル化された社会においては、著作権・版権や、コンテンツの所有といった概念に大きなパラダイムシフトが起こる。

    ここでは、デジタルコミュニケーションにおけるコンテンツマネジメント技術等を延べ,今後どのようにコンテンツの権利の保護や再配布が管理されていくべきかについて議論する。

    #6 デジタルコミュニケーションにおけるコンテンツマネジメント (2)

    #7 デジタルコミュニケーションにおけるコンテンツマネジメント (3)

    #8 認証とプライバシ (1)
    RFID技術や認証技術、移動体支援技術の発達により、インターネットでは
    コンピュータを識別するだけでなく、実空間にあるオブジェクトの個体識別が可能となりつつある。

    グローバル社会での個体識別技術はトレーサビリティの確保等による流通業の効率化や、交通流把握や観測等による社会システムの品質向上をもたらした一方で、個体に付随する情報のプライバシが大きな問題となっている。

    特に、個人がどこに存在していたか等の情報は重要な個人情報に該当し、
    「いつでも・どこでも」インターネットを利用できる環境は、「いつでも・どこでも」識別・管理が可能な社会となり得る。

    ここでは、現在インターネットや、流通、交通等の社会システムで用いられている個体識別技術・プライバシ保護技術(暗号化技術)・制度に関して延べ、グローバル社会で今後必要となるプライバシー保護の基準・制度・技術に関して議論を行う。

    #9 認証とプライバシ (2)

    #10 認証とプライバシ (3)

    #11 インターネットの未来像:セキュリティアーキテクチャ (1)
    グループワーク中間発表1(トピックと視点)

    #12 インターネットの未来像:セキュリティアーキテクチャ (2)
    グループワーク中間発表2(進捗状況報告)

    #13 インターネットの未来像:セキュリティアーキテクチャ (3)
    グループワーク最終発表
    本授業の総括


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    成績評価は授業中に課される課題の提出、および発表内容を基準に行う。ただし、授業中に行う議論での発言や本授業の価値向上に貢献する活動については、これを大きく評価する。


5. Special Note

    ・本授業はSOI環境を用いて行うため、履修者はSOIシステムを利用していることが前提となる


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    -


8. Relation with past courses

    -


9. Course URL


2006-09-15 00:25:05


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について