KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


REGION AND CULTURE (EUROPE AND CIS COUNTRIES) (Fumiya Hirataka,Tatsuya Ohta,Marco Raindl,Ikumi Waragai

    Semester : 2007 Spring
    Code : 32170 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

     本講義の目標は次の2点にあります。
    1)ドイツ語圏の社会・文化事情への導入の授業として多様な側面を取り上げる。
    2)ドイツ語圏の社会・文化事情とSFCで専門的に扱われているイシューとの橋渡しをする。
     この講義では、文化の発信地としてのドイツ語圏の都市、交通、建築、環境、人間工学、政治、文学、言語、舞踊、芸術など、さまざまなテーマを扱い、その根底にあるヨーロッパ像を呈示します。 その際、特にSFCで専門的に扱われているイシューを重点的に取り上げます。本講義は複数名の講師によるオムニバス形式で進めます。最終回には履修者の有志によるプレゼンテーションを行います。


2. Materials/Reading List

    特にありません。参考文献等は授業中に指示します。


3. SCHEDULE

    #1 導入
    地理、歴史、政治形態を中心としたドイツ、オーストリア、スイスの事情概観

    #2 都市と観光
    ドイツ語圏のいくつかの都市を例にまちづくりや都市計画の実像を紹介

    #3 交通事情
    交通事情の日独比較

    #4 環境
    環境先進国ドイツの環境問題に対する取り組み

    #5 建築
    建築政策を中心としたドイツ語圏建築の世界

    #6 人間工学
    ヒュ−マンインターフェース、人にやさしい環境やデザイン

    #7 EUから見たドイツ語圏(1)
    EU統合へのプロセス、EUの抱える問題点

    #8 EUから見たドイツ語圏(2)
    EUという壮大な政治経済の実験と哲学

    #9 文学・演劇
    文学や演劇に現われた宗教的世界と世俗的世界

    #10 言語と社会
    移住者のドイツ語、言語政策からドイツ社会の多元性を概観

    #11 音楽
    ドイツ、オーストリアの音楽史に見る多彩な世界

    #12 身体芸術としての舞踊
    バレエ、表現主義舞踊などに見られる表現芸術の革新性

    #13 プレゼンテーション


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    学期末試験、毎回の授業でのミニ・レポート、グループワークによるプレゼンテーション


5. Special Note

    -


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    -


8. Relation with past courses

    -


9. Course URL


2007-03-09 17:50:40.057669


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について