KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


THINKING WITH GEOSPATIAL INFORMATION (Wanglin YAN

    Semester : 2007 Spring
    Code : 04130 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

    我々の身の回りから世界規模までかつて起こったこと、起こっていること、起ころうとすることを、時間的・空間的視点で検視する素養を身につけ、問題を発見し解決方法を提案したり、ビジネスのチャンスとしたり、人生の進路を考えたりしてもらう。

    授業は一般に前半で教員が基礎材料を提示し、後半で学生がグループを作って討論を行い、最後に代表的チームから発言してもらう、という形で進める。


2. Materials/Reading List

    1)指定参考書
     ◆Peter Morville著・浅野紀予訳、『アンビエント・ファイだビリティ』、オライリー・ジャパン、2006.
    2)技術参考書
     ◆岡部篤行、『空間情報科学の挑戦』、岩波書店、2001.08。
     ◆厳 網林、『GISの原理と応用』、日科技連出版社、2003.4。
    3)ビジネス参考書
     ◆トマス・L.フリ−ドマン/伏見威蕃、『フラット化する世界経済の大転換と人間の未来』、日本経済新聞出版社、2006/05。
    3)理論参考書
     ◆アルヴィン・トフラ−/ハイジ・F.トフラ−、『富の未来』、講談社 2006/06。

     ◆ほかの参考資料は毎週の授業で提示する。


     


3. SCHEDULE

    #1 空間情報と未来先導
    500年前の大航海はなぜ起こったのか、空間情報はどんな役割を果たしたかを振り返って、情報の海へ大航海に出発する21世紀の学生諸君が備えるべき航海術を発想する。
    通産省「情報大航海プロジェクト」課題募集へ企画提案をやってみよう。

    #2 空間情報と文明の進化
    文明の発達とともに人間の活動空間がどのように拡張したかを振り返ながら、Google Earthを使ってその痕跡を発見し、東西文明による違いを考察する。

    #3 空間情報と戦争
    数々のデータや報道メディアに残されている昨今の戦争記録から空間情報・が戦争において果たした役割を検証し、技術開発と平和促進の関係を議論する。

    #4 空間情報と環境創造
    「住」に焦点をあて、古今東西における居住の形態を比較し、居住空間の創造における情報の役割、および環境に与える影響を考察する。

    #5 空間情報と宇宙探査
    宇宙から地球を見る観測はどこまでのレベルに達し、どんな空間情報を提供してくれているを検視し、宇宙事業はお金の無駄使いではないかを考える。

    #6 空間情報と知識創造
    人間が空間に対してどのように認識し、どのように行動するかを、フィールドの中で観察し、記述してもらう。

    #7 空間情報とメディアデザイン
    コミュニケーションのツールとしての地図はいかのように表現すべきか、様々な地図を並べて比較し、またフィールドに出かけて体験して、評価する。

    #8 空間情報技術
    実空間をどのようにコンピュータの情報空間に取り入れているか、各種のWebマップサービスを比較し、その使い勝手とパフォーマンスを評価する。

    #9 空間情報科学
    コンピュータのパワーが日ごとに増強する中で、地球は丸ごとデジタル化される日は来るのか。もしも来たときにあなたは何に使いたいかを考えよう。

    #10 空間情報と安全
    人間社会が直面する数々の問題、たとえば、環境、犯罪、疫病、テロを人間安全保障の観点から考察し、空間情報が果たしている役割と今後の可能性を検証する。

    #11 空間情報文化
    Webやケータイが隅々まで浸透した社会において文化の中に溶け込んだ空間情報および空間情報を使う文化の観点から位置情報を持つこと、集めること、活用することの意味、影響を検証する。

    #12 空間情報ビジネス
    空間情報文化を可能にした、さらに広げることのできるビジネスチャンスはどこにあるかを検証する。

    #13 空間情報社会
    社会のあらゆる分野に存在する位置、あらゆる位置に発生する人間活動や自然現象に対して、社会の政治・経済システムはどう変わるべきかを考え、空間情報分野の人たちが取るべき行動を展望する。


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    課題、リポート、ブログ投稿


5. Special Note

    5月26日(土)にフィールドワークを行う予定。振り替えとして休む授業は別途知らせる。また、フィールドワークの日は天候によって変更されることがある。


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    とくになし


8. Relation with past courses

    -


9. Course URL


2007-03-21 21:51:23.316829


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について