KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


CLASSICS REVIEW (Shigeki Hori

    Semester : 2007 Spring
    Code : 20080 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

     学生諸君に向けて、私(堀)はつねづね「単なる情報収集とは異なる、没頭するような読書の醍醐味を(再)発見してほしいと思う」というメッセージを発している。この授業は、何よりもまず、そうした(再)発見へのプロセスであり、担当教員はガイドである、というふうに考えてほしい。
     具体的には、「科目概要」にも述べたように、ヨーロッパ(ときに古代ギリシャ・ローマに遡る)の古典のうちから、人間の生死の意味をめぐる問題、および共生の課題(=倫理・政治)を追究した幾つかの著作を選んで、熟読を試みる。さしあたり今学期(2007年度春学期)は、次の4つの著作を取り上げる。

    仝殿絅リシャの悲劇作家ソポクレス(前496/5-406)の戯曲『アンティゴネー』、
    18世紀フランスの啓蒙思想を代表したヴォルテール(1694-1778)の哲学的コント『カンディードまたは最善説』、
    19世紀フランスの歴史家・思想家エルネスト・ルナン(1823-92)が1882年にソルボンヌ大学でおこなった名高い講演『国民とは何か』、
    ぅ罐瀬箏魯ぅ織螢⊃雄邁肇廛蝓璽癲Ε譟璽凜(1919-1987)の証言文学『アウシュヴィッツは終わらない―あるイタリア人生存者の考察―』。

    いずれも、人類にとって永遠で、普遍的で、本質的な問題を抉り出した傑作である。
     なお、この科目は新規開講科目であり、SFCという環境において ― しかもおそらくは大教室で ― 古典的著作のテクストをかなり厳密に解説するような講義をおこなうのは、少なくとも私にとって未知数の要素の多い企てである。暗中模索、試行錯誤を避けることはできまいと思う。したがって、学期中に授業計画を変更するようなことも、場合によっては起こり得るので、予めその可能性を承知しておいていただきたい。もちろん、このシラバスのスケジュールどおりに授業するのが本意であることはいうまでもないのだが……。
     授業の手法は、履修者数に応じて調整する。もし比較的少人数であれば、履修者の発表も授業の中に折り込みたい。さもなければ、担当教員が適宜履修者の発言を募りつつ、教壇から講義をおこなう(下記の授業スケジュールはこの場合に即している)。
     学生諸君に期待されるのは、まず必ず自分自身でテクストを熟読すること、そして教室では、教員の話を漫然とではなく、遠慮なく批判的知性を働かせながら吟味して聴き、質問があれば質問し、異論があれば正々堂々と発言するという態度にほかならない。そういうプロセスを経て、自らの読み込みをより深く、より緻密に、より鋭敏にしていってくれれば、この授業の目的は達成される。


2. Materials/Reading List

    ソポクレース『アンティゴネー』呉茂一訳,岩波書店(岩波文庫),1961年.
    ソポクレス『オイディプス王』藤沢令夫訳,岩波書店(岩波文庫),1967年.
    ジャン・アヌイ『アンチゴーヌ―アヌイ名作集』鈴木力衛,芥川比呂志訳,1988.
    ヴォルテール『カンディード他五篇』植田祐次訳,岩波書店(岩波文庫),2005年.
    水林章『「カンディード」<戦争>を前にした青年』みすず書房(「理想の教室」),2005年.
    エルネスト・ルナン他『国民とは何か』鵜飼哲他訳,インスクリプト,1997年.
    フィヒテ『ドイツ国民に告ぐ』大津康訳,岩波書店(岩波文庫),1928年.
    フィヒテ『ドイツ国民に告ぐ』石原達二訳,玉川大学出版部,1999年.
    プリーモ・レーヴィ『アウシュヴィッツは終わらない―あるイタリア人生存者の考察―』竹山博英訳,朝日新聞社(朝日選書51),1980年.
    ツヴェタン・トドロフ『極限に際して―強制収容所考』宇京頼三訳,法政大学出版局,1992.
    ツヴェタン・トドロフ『悪の記憶・善の誘惑―20世紀から何を学ぶか』大谷尚文訳,2006.


3. SCHEDULE

    #1 ガイダンス
    今学期取り上げる予定の古典的著作の簡単な紹介。本を読むというのはどういう営みであるかという点への言及。講義予定などの説明。

    #2 ソポクレース『アンティゴネー』を読む(1)
    古代ギリシャにおいて悲劇とは何であったかということについて、また物語のコンテクストについて解説した上、作品の構造に注目し、テクストの全体的把握に努める。

    #3 ソポクレース『アンティゴネー』を読む(2)
    主要作中人物であるアンティゴネーとクレオンがそれぞれ体現するものの対立を中心に、テクストが内包している意味について考える。最後に、20世紀フランスの戯曲作家ジャン・アヌイの翻案『アンチゴーヌ』の抜粋を配布する。

    #4 ソポクレース『アンティゴネー』を読む(3)
    アヌイの『アンチゴーヌ』をも参照しながら、ソポクレースの作品をさらに深く分析し、現代を生きるわれわれの身にも引きつけて考える。できれば、教室で学生諸君の発言を募りたい。

    #5 ヴォルテール『カンディード』を読む(1)
    ヴォルテールの人と作品と時代(「啓蒙」とは何であったのか? 何であるのか?)に関する若干の解説をおこない、哲学的コントというジャンルについて述べたのち、本書の全体像を眺めてみる。

    #6 ヴォルテール『カンディード』を読む(2)
    テクストのいくつかの箇所を取り上げて分析的読解をおこなったのち、改めて作品全体の構造と意味の多面的かつ総合的な把握をめざす。

    #7 ヴォルテール『カンディード』を読む(3)
    ライプニッツ哲学の批判の書として『カンディード』を読むとどんなことが分かるかということを中心に、このテクストの思想的側面を掘り下げる。できれば、教室で学生諸君の発言を募りたい。

    #8 エルネスト・ルナン『国民とは何か』を読む(1)
    E・ルナンの人と思想、本講演の時代背景に言及した上で、テクストからいくつかの要点、際立った点を抽出し、ルナンの唱えたネーション観を把握する。

    #9 エルネスト・ルナン『国民とは何か』を読む(2)
    ルナンのこの講演と対比されることの多い哲学者J.-G.フィヒテ(1762-1814)の1807年の演説『ドイツ国民に告ぐ』にも言及しながら、本テクストのアクチュアリティを考え、日本の「今、ここで」、ネーション、国家、言語、文化、愛国心などを問い直す。

    #10 エルネスト・ルナン『国民とは何か』を読む(3)
    現在の視点から、このテクストのアクチュアリティを考え、このテクストについておこなわれている解釈や論評を批判的に検討することを通して、ネーション概念やナショナル・アイデンティティーに関する論議を問い直す。できれば、教室で学生諸君の発言を募りたい。

    #11 プリーモ・レーヴィ『アウシュヴィッツは終わらない』を読む(1)
    プリーモ・レーヴィの人と作品。本書が証言している事柄の歴史的文脈。本書の生成に関する解説。構造および文体の考察と、著者の姿勢と意図の推察などを通して、テクストの輪郭を捉える。

    #12 プリーモ・レーヴィ『アウシュヴィッツは終わらない』を読む(2)
    テクストのいくつかの箇所を分析的に読む。人間、人間性/非人間性、他者、神と愛の不在、記憶、真実等々のテーマに着目する読解。

    #13 プリーモ・レーヴィ『アウシュヴィッツは終わらない』を読む(3)
    ツヴェタン・トドロフがプリーモ・レーヴィについて書いているところなどを参照しつつ、「今、ここで」、この著作にどのような意味を見出し、それをどう受け止めるかを考える。できれば、教室で学生諸君の発言を募りたい。


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    成績評価の方法として採る可能性が高いのは、学期末に、出題の主要な部分を予めアナウンスしておいた上で、筆記試験をおこなうという方法です。中間レポートを課す可能性もありますが、この科目は研究会でもなければ専門科目でもないので、履修者に過剰な負担をかけることは避けようと思っています。いずれにせよ、この件は履修者数が確定してから最終的に決定します。


5. Special Note

    「教材・参考文献」の項目に列挙した書物のうち、以下の3冊は各自で入手されたい。
    ソポクレース『アンティゴネー』呉茂一訳,岩波書店(岩波文庫),1961年.
    ヴォルテール『カンディード他五篇』植田祐次訳、岩波書店(岩波文庫),2005年.
    プリーモ・レーヴィ『アウシュヴィッツは終わらない―あるイタリア人生存者の考察―』竹山博英訳,朝日新聞社(朝日選書51),1980年.


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    なし


8. Relation with past courses

    -


9. Course URL


2007-03-16 16:37:40.080177


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について