KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


UBIQUITOUS COMPUTING SYSTEMS (Hideyuki Tokuda

    Semester : 2009 Fall
    Code : 60770 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

    先端IT技術とネットワーク技術の進化により、さまざまなユビキタス
    コンピューティング環境が構築されてきている。身のまわりの屋内空間から、 屋外まで「いつでも、どこでも、何でも、誰でも」シームレスにネットワークに 接続でき、我々の行動支援できる生活空間が実現可能となってきている。 この授業では、ユビキタスコンピューティングシステムの過去・現在・未来 について議論し、その本質を理解することを目的とする。

    授業では、ユビキタスコンピューティング技術の構成要素であるユビキタスネットワーク、 無線ネットワーク、ユビキタス端末、RFID、センサーノード、位置情報システム、 コンテクストアウェア技術、ユビキタスサービスなどの先端技術を理解するとともに、Gumstix、センサーノード(uPart Mote, Wiiリモコン)、ケータイ, iPod touchなどを使った演習課題を通じて、ユビキタスシステム構築を体得する。また、ユビキタスシステムやユビキタス技術が社会に受け入れられ、普及していくための社会制度や プライバシー問題などについても議論する。


2. Materials/Reading List

    必要な資料は、授業の際に提供する予定である。資料の参考としては次のものがある。

    「ものづくり革命 パーソナル・ファブリケーションの夜明け」
    ニール・ガーシェンフェルド (著), 糸川 洋 (著)
    ソフトバンククリエイティブ

    ”コラボレーション! SFCという「融合の現場」"
    徳田 英幸、村井 純、千代倉 弘明、金子 郁容 編、慶應義塾大学出版会、2007

    Security for Ubiquitous Computing (Wiley Series in Communications Networking & Distributed Systems)
    Frank Stajano
    John Wiley & Sons Inc


    「ユビキタステクノロジーのすべて」 http://www.nts-book.co.jp/item/detail/summary/it/20070222_07.html

    参考資料:http://www.ht.sfc.keio.ac.jp/


3. SCHEDULE

    #1 ユビキタスコンピューティングシステムの過去、現在、未来
    ユビキタスコンピューティングの起源
    ユビキタスコンピューティングの進化

    #2 ユビキタスコンピューティングシステムの構成要素(1)
    ユビキタスコンピューティングシステムのアーキテクチャ
    ハードウェア構成要素

    #3 ユビキタスコンピューティングシステムの構成要素(2)
    基盤ソフトウェア構成要素
    コンテクストアウェアネス

    #4 ユビキタスコンピューティングシステムの構成要素(3)
    ユビキタスサービス
    サービス発見・結合・再結合

    #5 実世界センシング(1)
    センシング技術
    電子タグ、位置情報システム、センサーノード

    #6 実世界センシング(2)
    センサーネットワーク
    環境情報

    #7 マイクロユビキタスノードとプロセッシング(1)
    Mote
    uPart

    #8 マイクロユビキタスノードとプロセッシング(2)
    Gumstix
    Linux

    #9 アクチュエーション
    ネットワークロボット
    情報家電システム

    #10 ユビキタスネットワーク
    モバイルアドホックネットワーク
    情報家電ネットワーク
    P2P技術

    #11 ユビキタスコンピューティングシステムとサービス
    ユビキタスサービスモデル
    uService
    uMobile

    #12 社会的制度とプライバシー保護
    トレーサビリティ
    匿名性
    プライバシー保護技術

    #13 ユビキタスコンピューティングシステムの未来
    最新技術動向とまとめ


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    演習課題と学期末レポート


5. Special Note

    演習問題には、プログラミング能力が必要です。


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    -


8. Relation with past courses

    「モバイル・分散プログラミング」*この科目を進級、卒業あるいは修了に関わる科目の単位として修得済みの学生は、自由科目としての履修のみ可能。


9. Course URL


2009-09-02 13:43:40.989659


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について