KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


EXPLORING ENVIRONMENT AND INFORMATION STUDIES (Jun Murai,Manabu Omae,Akira Wakita

    Semester : 2010 Fall
    Code : 01002 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

    環境情報系(環境デザイン、人間環境科学、先端生命科学、先端情報システム、先端領域デザイン)の各領域における問題発見・解決のパラダイムについて学習する。講義は4つの演習と最終プレゼンテーションから構成される。
     演習では、どの研究プロジェクトでも共通に求められる「物を作る能力」「そのための仕組みや構造を考える能力」の獲得を目指す。これからの社会で求められる能力は、書籍からの受け売りの知識や言葉遊びではなく、身体を通して思考し、問題を発見・解決していく能力である。
     すなわち、この講義では、演習を通じて、「創造」を自らの手で実現するための基礎的なトレニーングを積むことを主眼とする。そして、受講生自身が手を動かして成し得た経験とそれに伴う知識を獲得することで、経験に基づかない概念のむなしさを知るとともに、物を作ることの喜びを感じてもらうことを主眼に置いている。環境情報学部生としての今後の4年間で何を学ぶべきかを考える際の土台となる意識を醸成する。


2. Materials/Reading List


3. SCHEDULE

    #1 環境情報学の創造のイントロダクション
    ・環境情報学部と総合政策学部のミッションと今後のビジョンを共有する。
    ・本講義のスケジュール、評価基準等について説明する。
    ・今後の演習を共にしていくグループを構成する。

    #2 仕組みと構造の実験(1)
    ・エッグドロップの実験説明
    ・グループ作成
    ・実験計画と構造案の議論
    ・実験作業

    #3 仕組みと構造の実験(2)
    ・エッグドロップのコンテスト
    ・ふりかえりと考察

    #4 問題発見と解決の演習(1)
    ・SFCの問題を発見する
    ・SFCの問題を解決する
    ・問題の発見や解決に客観的な裏付けを持たせる(データ収集と分析)

    #5 問題発見と解決の演習(2)
    ・問題提議と解決のプレゼンテーション

    #6 情報とメディアの演習(1)
    ・送信機の制作
    ・無線による情報伝送

    #7 情報とメディアの演習(2)
    ・無線による情報伝送コンテスト

    #8 人間工学と造形の演習
    ・1枚の板から快適かつ美しく、そして頑丈な椅子を作る

    #9 総合政策学を考える
    ・政策コーカス討論会

    #10 環境情報学と総合政策学を考える
    ・政策コーカス討論会
    ・椅子コンテスト

    #11 情報とメディアの演習(3)楽器を作る
    ・電気を使わない楽器の制作
    ・電気を使った楽器の制作

    #12 情報とメディアの演習(4)楽器を作る
    ・楽器のプレゼンテーションおよび演奏

    #13 まとめ


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    4回の演習と最終プレゼンテーションの総合で評価します。


5. Special Note

    -


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    -


8. Relation with past courses

    「SFC総合講座B」「プロジェクト総合講座B」*これらの科目を進級、卒業あるいは修了に関わる科目の単位として修得済みの学生は、自由科目としての履修のみ可能。


9. Course URL


2010-08-30 16:25:07.716669


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について