KGC


[ English ]
経営分析論

お知らせ


科目名経営分析論 [ シラバス ]
http://www.sfc.keio.ac.jp/~mori
http://www.sfc.keio.ac.Jp/cyber/

経営分析とは、 おもに定量あるいは定性的なデータをもとにして、 組織の過去と現在の状態を明らかにし、 その上でその将来を明らかにしようとするための方法論である。
伝統的には、 おもに組織の会計情報に基づき、 分析をおこなう財務諸表分析が主流を占めてきた。 この講義では、 前半をこうした伝統的な財務諸表分析にあて、 後半を財務データのみならず、 そのほかの利用可能な情報を用いた組織の分析方法について講義する。
またこの講義では、 営利企業のみならず、 病院、 美術館、 国や地方自治体や公企業などの経営分析についても触れたい。 また営利企業のうちで、 銀行や外資系企業などの分析方法についても触れたい。
この講義では、 経営分析の方法論を学ぶと共に、 実際の企業や組織に関するデータベースを解析ソフトを用いて分析をおこなう。
講義の具体的な内容は、 ホームページ:http://www.sfc.keio.ac.Jp/~mori およびサイバートレーディング・ルームのホームページ http://www.sfc.keio.ac.Jp/cyber/ を参照されたい。 講義のおおよその内容は次の通りである。
1. 財務諸表 (貸借対照表、 損益計算書、 資金計画表) の見方と問題点
2. 財務比率:レバレッジ、 収益性、 流動性比率など
3. 資本市場関連比率、 生産性比率
4. 財務比率を用いた統計分析
5. 信用分析の統計的方法
6. ファイナンス理論と経営分析:リスク指標、 企業価値の評価、 EVA など
7. AHP による目標・手段体系の分析
8. DEA による非営利企業の効率性評価
9. 組織のリスク分析


担当者 森平 爽一郎
授業期間2002年秋学期 火曜日1時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2002/10/01 財務諸表:復習とデータベース

第02回2002/10/08 財務比率: 資本構成と流動性の分析

第03回2002/10/15 財務比率: 収益性、効率性、生産性分析

第04回2002/10/22 財務比率: 証券市場分析

第05回2002/10/29 比率分析の統合

第06回2002/11/05 損益分岐点分析

第07回2002/11/12 財務分析の応用1: 財務・会計データにもとずく企業のシミュレーション分析

第08回2002/11/19 財務分析の応用2:信用分析:倒産予測と倒産確率

第09回2002/12/03 財務分析の応用3:信用分析:格付け、

第10回2002/12/10 企業評価論の方法1

第11回2002/12/17 企業評価論の方法2: EVAとOhlsonモデル

第12回2003/01/07 組織の効率性分析

第13回2003/01/14 吸収と合併の評価方法

第14回2003/01/21 まとめと予備のためのリザーブ


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について