KGC


[ Japanese ]
COMMUNICATION DYNAMICS

NEWS 本日の講義で最終課題のプリントアウト分の提出について   7月22日(火) 大学事務室窓口(受付時間内) としましたが、以下のように変更します。   7月22日(火) 深谷研究室K403 9:00−14:00 私が研究室に在室してない場合はドアー下から差し入れておくこと。また、他の 研究室に迷惑にならないように指定時間帯を守ると共に静かに振舞うようしてください。 その他の事項については変更ありません。 深谷昌弘


TitleCOMMUNICATION DYNAMICS [ Syllabus ]
http://www.sfc.keio.ac.jp/~fukaya/


Faculty Masahiro Fukaya
Term2003 Fall
Level Undergraduate


Inquiry - Inquiry about this course


Lecture Video & Materials
Click the lecture title to see lecture materials and video
#012003/04/09 コース案内
- 講義資料(PDF)その1
- 講義資料(PDF)その2


#022003/04/16 第I部 ヒューマンコミュニケーションと社会現象 (1)人間の問題解決能力を考える: フレーム問題
- 講義資料(PDF)


#032003/05/07 第I部 (2)社会関係の成立を考える: ダブルコンティンジェンシー問題
- 講義資料(PDF)


#042003/05/14 第I部 (3)情報理論コミュニケーション論の限界と新理論の必要性
- 講義資料(PDF)


#052003/05/21 第II部 新しい言語・コミュニケーション論 (1)意味の不確定性
- 講義資料(PDF)


#062003/05/28 第II部 (1)意味の不確定性 〜 (2)創造と迷走: 意味の不確定性
- 講義資料(PDF)


#072003/06/04 第II部 (3)会話を支える意味の共有感覚: 意味づけにおける共有の秩序性
- 講義資料(PDF)


#082003/06/11 第Ⅲ部 人々の意味世界(1)表層・深層の意味のダイナミズムと意味世界の社会化
- 講義資料(PDF)


#092003/06/18 第III部 (2)社会化された意味知識を探る:スクリプト分析紹介
- 講義資料(PDF)その1
- 講義資料(PDF)その2


#102003/06/25 第III部 (3)人々の意味世界の研究 と ネットワーク社会の進展
- 講義資料(PDF)


#112003/07/02 第Ⅳ部 意味の創造を巡って (1)コラボレーティブ・コミュニケーションの創造性
- 講義資料(PDF)


#122003/07/09 第Ⅳ部 (2)ヒューマンコミュニケーションの倫理〜(3)対立と言説のアゴラ
- 講義資料(PDF)


#132003/07/16 第Ⅳ部 (3)対立と言説のアゴラ:協働と競争の相互補完
- 講義資料(PDF)



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
Copyright of this site