KGC


[ English ]
現代技術論

お知らせ


科目名現代技術論 [ シラバス ]


現代の技術を主に物理の側面から見る。 過去の物理の主流から I T 技術に至る技術の流れの基本の理解につとめる。 現実の技術の例として電気自動車を取り上げる。 今後より大事になる発想の豊かさを養う練習もする。


担当者 清水 浩
授業期間2003年秋学期 火曜日3時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業マテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2003/09/30 イントロダクション - 技術というもの


第02回2003/10/07 どのように電気自動車をつくってきたか
- 講義資料(PDF)


第03回2003/10/14 力学について/電気自動車の基本性能/オリジナリティーを育てる
- 配布資料(PDF)


第04回2003/10/21 電磁気学/電気自動車の駆動装置/専門家と素人
- 配布資料(PDF)


第05回2003/10/28 量子力学/量子力学の時代/発想を阻むもの
- 配布資料(PDF)


第06回2003/11/04 材料力学/車体構造/認められて嬉しかったこと
- 配布資料(PDF)


第07回2003/11/11 流体力学/電気自動車のデザイン/必要に応じてアイディアを考える - 今の交通の何が不便か
- 配布資料(PDF)


第08回2003/11/18 半導体とトランジスタ/逆転の発想
- 配布資料(PDF)


第09回2003/12/02 電子回路
- 配布資料(PDF)


第10回2003/12/09 未来自動車(特別講義:大前学氏)
- 大前氏講義資料(PDF)


第11回2003/12/16 論理回路と計算機への応用
- 配布資料(PDF)


第12回2004/01/13 技術と芸術(特別講義:筑波大学教授 蓮見孝氏)
- 配布資料(PDF)
- 蓮見氏講義資料(PDF)


第13回2004/01/20 技術はどこに進むか



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について