KGC


[ English ]
国際関係論

お知らせ


科目名国際関係論 [ シラバス ]


国際関係論講義概要(03年度)
 現在、人々は米国のイラク攻撃があるかないか、北朝鮮の核開発はどうなるのか、強い関心をもっている。9.11以降、特に国際関係、国際政治に関心をもつ人々が増えてきたことはよいことだ。しかし、前述の出来事は、過去の国際関係の上に発生したことである。この授業では、より立体的に、現在の事象を捕らえるための視座を学ぶ。具体的には1648年以降の国際システムの歴史的変遷を、国家を中心にたどる。この国家中心の説明が、現在、必ずしも有効ではないことに、諸君は気がつくに違いない。もう一つのポイントは、国際関係を理解するための、先駆者生み出した考え方(理論といってもよい)を学ぶことである。時間的な制約があるので、深くとはいえないが。現実主義、理想主義や相互依存論、グローバリゼーションなどを紹介したい。


担当者 草野 厚
授業期間2003年春学期 火曜日1時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2003/04/08 全体の説明
- シラバス(PDF)
- レジュメ (PDF)


第02回2003/04/15 国際政治史Ⅰ


第03回2003/04/22 国際政治史Ⅱ-1


第04回2003/05/13 国際政治史Ⅱ-2


第05回2003/05/24 安全保障を考える


第06回2003/05/27 人間はなぜ戦うのか


第07回2003/06/03 討論:理想主義対現実主義


第08回2003/06/10 イシュー別 第1回 貧困の政治学


第09回2003/06/17 イシュー別 第2回 貧困の政治学(2)


第10回2003/06/24 テスト(非公開)

第11回2003/07/01 地球規模問題を考える


第12回2003/07/08 国際関係の捉え方いろいろ


第13回2003/07/15 グローバルガバナンス論



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について