KGC


[ Japanese ]
CAREER DESIGN THEORY

NEWS


TitleCAREER DESIGN THEORY [ Syllabus ]
http://lms.hrdc.sfc.keio.ac.jp/


Faculty Mitsuyo Hanada
Term2005 Fall
Level Undergraduate


Inquiry - Inquiry about this course


Lecture Video & Materials
Click the lecture title to see lecture materials and video
#012005/09/26 キャリア開発の意義と役割
- 講義資料(PDF)
いまなぜキャリア開発が重要なのか。キャリア開発の役割と意義を幅広く展
望します。人事制度との関連性、組織開発との関連性、人生設計との関連性
などを概観する予定です。


#022005/10/03 伝統的教育研修と個人主導型キャリア開発の仕組み
- 講義資料(PDF)
伝統的教育研修は企業主導の企業が必要とするスキルや知識を提供する研修
でした。これに対し、個人主導型のキャリア開発とは個人のニーズや適性を
考慮した、個人主導型のキャリア開発です。双方のキャリア開発を概観し、
各々のメリット・デメリットなどを検討する予定です。


#032005/10/17 自律型キャリアデザイン
- 講義資料(PDF)
90年代半ばから起こってきた、組織内キャリア自律の動きを概観し、なぜ組
織内キャリア自律が起こってきたのか、その実態は?個人はどのようにキャ
リア自律とむきあうのかなどを検討する予定です。


#042005/10/27 ライフキャリアを考える
- 講義資料(PDF)
一人が一生ひとつの企業でキャリアをまっとうする時代ではなくなってきま
した。また定年退職が65歳にのびようとし、人生85年時代に入るにとも
ない、個人にとってのライフキャリアとは何なのだろうかという見直しが進
展しています。このような新たな時代背景をもとにしたライフキャリアを概
観する予定です。


#052005/10/31 自分自身を知る(1)
- 講義資料(PDF)
自律的にキャリアをデザインしていく上において、それを可能にする個人の
ファイナンシャルプラン・デザインは重要な問題です。ライフデザイン/ファ
イナンシャルプランの専門家をお招きし、ファイナンシャルプランとキャリ
アデザインの関係性についてお話をいただく予定です。


#062005/11/07 トータルセルフアセスメント(1)
- 講義資料(PDF)
11月7日は海外出張のため日程を変更します。変更日などを後ほど確認してく
ださい。 
個人のキャリア開発は、個人の成長をはかるとともに組織の変革と成長にお
いても重要な役割をはたします。いかに個人のキャリア開発と組織の成長が
関係するか、具体的な企業の例をベースとして授業を行う予定です。


#072005/11/14 【非公開】トータルセルフアセスメント(2)
キャリアデザインにおいては自分自身を多面的に知るということは重要で
す。二回に分けて、個人のバリュー、ライフストーリー、スキル、ネットワ
ーク、パーソナリティなどについて多面的に個人のたなおろしを行う予定で
す。授業に先立ち、個人のたな卸しに必要な各種テストを受けてもらう予定
です。

#082005/11/28 【塾内限定公開】なぜ今トータルライフデザインが重要か


#092005/12/05 【塾内限定公開】コーポレートユニバーシティを 取り巻く潮流と今後の動向
企業の教育システムを設計する担当者の方をお招きし、企業におけるキャリ
ア開発の事例をお話いただく予定です。(予定企業:日本IBM,ソニー)


#102005/12/12 【塾内限定公開】高橋秀明氏 特別講義
企業におけるキャリアカウンセリングの実態を企業内のキャリアカウンセラ
ーの方をお招きし、お話をいただく予定です。(予定企業:NEC)


#112005/12/19 【塾内限定公開】キャリアアドバイザーの役割
コーチ、メンター、キャリアカウンセラーなど個人のキャリアをサポートす
る様々な役割が企業で活用されてきています。このような多面的なキャリア
アドバイスの実態と、担当講師が展開しているキャリアアドバイザー制度に
ついて概観します。


#122006/01/16 これからのキャリア開発
- 講義資料(PDF)
これからのキャリア開発の動向のまとめを行います。キャリア開発の仕組み
をどう活用すれば個人のキャリアデザインの構築を有効に行うことができる
かどうか、実践的な視点からキャリア開発の活用に関してのポイントを話す
予定です。



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
Copyright of this site