KGC


[ Japanese ]
COMPARATIVE POLITICAL AND ECONOMIC SYSTEMS

NEWS


TitleCOMPARATIVE POLITICAL AND ECONOMIC SYSTEMS [ Syllabus ]
後日指定


Faculty Yoko Hirose
Term2005 Fall
Level Undergraduate


Inquiry - Inquiry about this course


Lecture Video & Materials
Click the lecture title to see lecture materials and video
#012005/09/27 オリエンテーション
- レジュメ(PDF)
講義の概要の紹介、問題の所在、基本的な視座の提供。体制とは何か?


#022005/10/04 冷戦終結で変わる世界:体制変容の世界潮流
- レジュメ(PDF)
第二次世界大戦後の冷戦期の世界は、ソ連のペレストロイカ開始から大きく
変化し始め、ソ連解体で、決定的に異なる様相を呈するようになった。その
変化を概観し、世界の見取り図を提供する。共産主義の解体、自由民主主義
の勝利という評価
は正しいか?


#032005/10/11 さまざまな政治体制の理解:システム、レジーム、支配の正当性
- レジュメ(PDF)
政治システム(体系)と政治レジーム(体制)の理論・議論と両者の関係、
および
政治体制についての政治学的な類型を理解する。さらに、支配の正当性と正
当性の
危機について考え、政治変動がいかに準備されていくかを理論的に整理す
る。


#042005/10/18 政治体制の変動:全体主義、民主制、権威主義体制、ポリアーキー
- レジュメ(PDF)
政治体制の類型を整理し、さまざまな国の政治状況をどのように理解できる
かのカ
ギを提供する。その上で、体制間の性格の重複や関係、接近の状況を概観
し、体制
がどのように移行していくのかを考える。


#052005/10/25 ソ連・東欧の社会主義体制とその解体(1):共産化と共産体制
- レジュメ(PDF)
冷戦期には、自由民主主義並んでと二大体制とされた共産主義を取り扱う。
特に、
今回の講義では、その理論的問題のみならず、歴史的な背景についての理解
も深め
てほしい。


#062005/11/01 「社会主義」思想の系譜
- 講義資料(PDF)
共産主義体制には当初から多くの矛盾があったが、1980年代に入ると、その
矛盾は
もう看過できないほどに蓄積されていた。そこで、ゴルバチョフによるペレ
ストロ
イカ―改革―が着手される。改革の波は東欧圏にも一気に広がり、時に痛み
を伴っ
た。その様子を視覚資料なども使って説明する。


#072005/11/08 ソ連・東欧の社会主義体制とその解体(2):ペレストロイカと混沌の時代
- レジュメ(PDF)
ペレストロイカによって生じた混乱は簡単には収束されず、各地で民族問題
が爆発
した。共産党は求心力を失い、ついに1991年12月にソ連は解体される。その
様子を
視覚資料なども使って説明したい。また、ソ連解体後の各国の脱共産化(時
に再共
産化)の様子を概観する。


#082005/11/15 ソ連・東欧の社会主義体制とその解体(3):ソ連解体と脱共産化
- レジュメ(PDF)
体制転換は痛みなくしては達成されない。そして、自由や権利には義務が伴
う。そ
の痛みは人々の間に共産党時代へのノスタルジーを呼び起こす。民主的指導
者が政
治経済を主導し、国民の意識が高く協力的である場合、その国の発展はより
容易と
なるのである。


#092005/11/29 加茂具樹氏(慶應義塾大学法学部・専任講師)特別講演
- 加茂氏講演資料(PDF)
『現代中国の政治体制:その背景と変容の可能性』 
「中国共産党が国家を指導する」、中国の政治体制。1989年の天安門事件直
後、
「体制の崩壊は近い」と言われた。しかし以来、中国は安定した政治のもと
で急速
な経済成長を実現している。安定した体制を維持し得た理由は何か。中国の
政治体
制が成立し、維持されてきた背景の整理を通じて明らかにする。またそうし
た分析
を通じて、体制変容の可能性を検討する材料の抽出を試みる。


#102005/12/06 ソ連・東欧の社会主義体制とその解体(4):体制転換の痛みと政治経済の発展 旧ソ連諸国の体制変容〜アゼルバイジャンの事例を中心とした比較検討
- レジュメ(PDF)
『ポスト社会主義・現代ロシアの政治・権力構造』 
ソ連解体後のロシアは、市場経済と私有制度を伴った立憲民主主義への転換
をはか
ってきたが、近時、プーチン政権がますます強権的な政治への傾斜を強めて
いると
いう指摘もよく聞かれ、一部で「ソ連時代への逆戻り」といった声も聞こえ
る。た
だ、安易にソ連時代との類推で現代ロシアを語るのではなく、なぜ、形式的
には
(ソ連時代と違って)自由選挙や複数政党制、議会制、市場経済を維持しつ
つも、
その中から権威主義的な側面が出現しているのか、分析してみる必要があ
る。単に
民主主義の経験が浅いからとか、ソ連時代の体質から抜け出せないから、と
いう理
由だけで権威主義的な体制が出現しているのではなく、資本主義への体制転
換の結
末や、われわれをとりまく時代状況(「テロとの闘い」)などが複合的にか
らみあ
って、今のロシアの政治状況が生み出されている。本講演では、必要に応じ
て、他
国との比較などをとりいれつつ、現代ロシアの政治・権力構造の特質につい
て探
る。


#112005/12/10 渋谷謙次郎氏(神戸大学法学部・助教授)特別講演 【補講日】(12月20日の休講分)
- 渋谷氏レジュメ(PDF)
旧ソ連諸国では2003年のグルジアの「オレンジ革命」を皮切りに、民主
化革命
のドミノが起きている。その一方、アゼルバイジャン、ベラルーシ、トルク
メニス
タンのように権威主義体制を堅持している国も多い。また、ロシアのチェチ
ェン紛
争のように依然として戦闘が続いている事例のみならず、停戦状態が続いて
いる紛
争もあり、地域の不安定化が継続している。他方、欧米諸国は地域の「欧米
のスタ
ンダード」化に躍起である。このような状況を、講師が専門とするアゼルバ
イジャ
ンの事例を視座に置きつつ、比較検討したい。


#122005/12/13 体制変容の現在と今後の展望
- 講義資料(PDF)
共産主義から西欧型自由主義へ、また政治的には共産主義を堅持しつつも、
経済的
には自由化を目指す、など体制変容にはさまざまなスタイルがある。それら
を概観
して、それぞれの体制変容のあり方が実際に成功しているか否か、また今後
の展望
はどうであるかを考える。


#132006/01/17 期末試験
期末試験を行う。手書きのA4サイズの規定用紙一枚(両面使用可)を持ち込み
可とし
て、試験を行う。持ち込んだ用紙は、答案用紙と共に回収する(試験の方式
につい
ては講義で説明する)。


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
Copyright of this site