KGC


[ Japanese ]
EXPLORING POLICY MANAGEMENT

NEWS


TitleEXPLORING POLICY MANAGEMENT [ Syllabus ]



Faculty Jiro Kokuryo,Yuichiro Shimizu
Term2011 Fall
Level Undergraduate


Inquiry - Inquiry about this course


Lecture Video & MaterialsFlash Player
Flash Player is required to play the videos.
Click the lecture title to see lecture materials and video
#012011/05/10 創造の入口(國領、清水)
- 講義資料
SFCで学問、生活をする上で必要となる、主体的な考え、行動し、責任につい
て伝え、考え、実り多いSFC生活を送る備えを行う。学生生活を破壊しかねな
い知的所有権侵害問題などについて伝え、ともに考える。


#022011/05/17 政策の実践と学問(竹中)
- 講義資料(竹中先生)
- 連絡事項/コーカスリーダー発表
実践のために学問をし、実践から学んで学問に昇華する。SFCからそれを体現
している竹中先生に聞き、議論する。


#032011/05/21 SFCの創造(國領、清水、環境創造教員)土曜日4限
- 講義資料
- 講義資料(古谷先生)
- 講義資料(植原先生)
- 講義資料(清水先生)
- 講義資料(相沢さん)
- 講義資料(大木さん)
- 講義資料(日高さん)
環境情報学部との交流授業。歴史的な大震災を前にSFCから何をしていく
かを考える。


#042011/05/24 総合政策とは何か(國領)/学びをデザインする(井庭)
- 井庭先生講義資料(PDF)
- 講義資料(國領先生)
問題を発見することとはどういうことか、問題を解決するということはどう
いうことかを考える。


#052011/05/31 学びの対話ワークショップ(井庭)
- 井庭先生講義資料(PDF)
- 出席課題+連絡事項


#062011/06/07 三田の丘から見た遠藤の丘(阿川)
- 講義資料(阿川先生)
- 出席課題


#072011/06/12 技術と社会(國領)
- 講義資料(國領先生)
- 出席課題
「ネットワークと総合政策学」、総合政策学ワーキングペーパーシリーズ 
No.78、http://coe21-policy.sfc.keio.ac.jp/ja/wp/WP78.pdfを読んでいた
だいたことを前提に、技術と社会の相互作用について議論する


#082011/06/14 ものづくりの実践
- 出席課題+連絡事項
- 講義資料(斉藤先生)
- 講義資料(荒川さん)
- 講義資料(藤本先生)
SFCは「知る」ことを超えて「創る」ことを求められる。その中で環境情報学
部との連携は重要である 


#092011/06/21 政策形成と意思決定のシミュレーション(清水)
- 出席課題
- 討論資料(谷尾班)
- 討論資料(岡元班)
- 討論資料(トウカ班)
- 討論資料(村西班)
政策を立案し、合意形成を行い、その実施を目指す。その流れをコーカス
(模擬選挙戦)を行うことを通じて学ぶ。環境情報学部との交流授業(23日
に環境情報学の創造でも実施)。


#102011/06/25 コーカス+ものづくり (國領、清水、環境情報学の創造教員)【補講:7月26日休講分】土曜日
- 出席課題+表彰
- 資料(岡元班)
- 資料(村西班)
総合政策コーカスと環境情報ものづくり講義のゴール。7月26日の補講。


#112011/06/28 研究会紹介(1)
- 出席課題
- 資料(飯盛研)
- 資料(廣瀬研)
- 資料(竹中研)
- 資料(小林研)
- 資料(一ノ瀬研)
- 資料(渡邉研)
- 資料(松原研)
- 資料(三次研)
SFCの研究会紹介をライトニングで行う。


#122011/07/05 いのちを考える(浅野)
- 出席課題
政策を考え、実践していくうえで必ず考えなければならない「いのち」。そ
れを守り育てることを続けてきた浅野史郎先生に聞く。


#132011/07/12 研究会紹介(2)
- 出席課題
- 講義資料(井庭先生)
- 秋山研
- 井庭研
- 古石研
- 小林研
- 清水研1
- 清水研2
- 新保研
- 藁谷研
SFCの研究会紹介をライトニングで行う。


#142011/07/19 総合政策学の創造(國領、清水)
- 講義資料
最終課題「わたしの未来予想図」を題材に代表者が報告し、全体で議論す
る。講義全体の総括を行い、今後の学びの基礎とする。



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
Copyright of this site