KGC


[ Japanese ]
SOCIAL SYSTEM THEORY

NEWS


TitleSOCIAL SYSTEM THEORY [ Syllabus ]



Faculty Takashi Iba
Term2011 Fall
Level Undergraduate


Inquiry - Inquiry about this course


Lecture Video & MaterialsFlash Player
Flash Player is required to play the videos.
Click the lecture title to see lecture materials and video
#012011/05/09 イントロダクション
- 講義資料(PDF)
ニクラス・ルーマンの提唱した「社会システム理論」の魅力はどこにあるの
でしょうか? また、物事をシステムとして抽象化して考えるということに
は、どのような意義があるのでしょうか? この授業の目的と内容、および進
め方について説明します。


#022011/05/16 学びの対話ワークショップ
- 講義資料(PDF)
各自の学び方とその経験について語り合うワークショップを行ないます(学
びのパターン・ランゲージである『学習パターン』を、コミュニケーショ
ン・メディアとして用いて、「コミュニケーションの連鎖」を引き起こすワ
ークショップです)。


#032011/05/21 ゲストスピーカー鼎談『「自分」から始まる学びの場のデザイン:コミュニケーションの連鎖を誘発する』
- 井庭先生講義資料1(PDF)
- 井庭先生講義資料2(PDF)
- 市川氏講義資料(PDF)
ゲストスピーカーとして、東京コミュニティスクール校長の市川力さんと、
カタリバ代表理事の今村久美さんをお呼びし、鼎談を行ないます。 ※補講
日 5月21日(土)3・4限


#042011/05/21 ゲストスピーカー鼎談『「自分」から始まる学びの場のデザイン:コミュニケーションの連鎖を誘発する』
- 井庭先生講義資料(PDF)
- 今村氏講義資料(PDF)
ゲストスピーカーとして、東京コミュニティスクール校長の市川力さんと、
カタリバ代表理事の今村久美さんをお呼びし、鼎談を行ないます。 ※補講
日 5月21日(土)3・4限


#052011/05/23 ダブル・コンティンジェンシーと社会形成
- 講義資料(PDF)
人は自由な意志にもとづいて考え、行動しています。それにもかかわらず、
社会はある秩序をもって成り立っています。このようなことはいかにして可
能なのでしょうか? 授業では、出来事や選択が「別様でもあり得る」(コン
ティンジェントである)ということ、そして、複数の人が集ると、お互いに
相手を予測できないために自分の行為を決定できないという「ダブル・コン
ティンジェンシー」の問題が発生することを理解します。そして、「ノイズ
からの秩序」という考え方を用いて、社会形成の仕組みについて考えます。


#062011/06/06 行為とコミュニケーション
- 講義資料(PDF)
社会システム理論では、「コミュニケーション」は、従来の社会学でいう
「行為」の延長線上にあるものではないと捉えます(つまり、単なる社会的
行為や言語的行為ではないと捉えます)。それでは、いったいコミュニケー
ションとはどのような出来事なのでしょうか? 授業では、従来のような「情
報の移転」という捉え方ではない新しい「コミュニケーション」の捉え方に
ついて理解します。そのうえで、「コミュニケーション」が「行為」とはど
のように異なるのかについて考えていきます。


#072011/06/13 コミュニケーションの生成・連鎖としての社会システム
- 講義資料(PDF)
社会システム理論では、社会の構成要素は人ではなく「コミュニケーショ
ン」であるといいます。ここに、社会の捉え方に関する理論的革新がありま
す。それでは、コミュニケーションを中心として社会を捉えると、どのよう
に捉えることができるのでしょうか? 授業では、社会をコミュニケーション
の生成・連鎖として捉える視点、および、人間の思考を意識の生成・連鎖と
して捉える視点を身につけます。また、自分で自分を生み出し続けるシステ
ムを理解するうえで重要な「自己言及」(自己準拠)や「オートポイエーシ
ス」(自己生成)の概念を学びます。


#082011/06/20 コミュニケーションの不確実性とメディア
- 講義資料(PDF)
コミュニケーションにはいろいろな不確実性が伴うため、本来は成立が困難
なものです。それにもかかわらず、日常生活ではふつうにコミュニケーショ
ンが成り立っています。いったいどのような仕組みでコミュニケーションが
実現できているのでしょうか? 授業では、コミュニケーションにまつわる三
つの不確実性(他者理解の不確実性、到達の不確実性、コミュニケーション
成果の不確実性)と、それらの不確実性を確実性へと変換するメディア(言
語、拡充メディア、コミュニケーション・メディア)について理解します。


#092011/07/09 ゲストスピーカー対談『学びと創造の場づくり』
- 講義資料(PDF)
- 中原氏講義資料(PDF)
リーダーシップについて研究している東京大学大学総合教育研究センターの
中原淳さんをお呼びし、対談を行ないます。『学びと創造の場づくり』
(仮) ※補講日 7月9日(土)3・4限


#102011/07/09 ゲストスピーカー対談『学びと創造の場づくり』
- 講義資料(PDF)
- 中原氏講義資料(PDF)
ゲストスピーカーとして、企業・組織における学習やコミュニケーション、
リーダーシップについて研究している東京大学大学総合教育研究センターの
中原淳さんをお呼びし、対談を行ないます。『学びと創造の場づくり』
(仮) ※補講日 7月9日(土)3・4限


#112011/07/11 近代社会の機能分化とシステム類型
- 講義資料(PDF)
ゲストスピーカーとして、企業・組織における学習やコミュニケーション、
社会システム理論では、近代社会は、経済、法、学問、宗教など、機能的な
分化が起こったと捉えます。つまり近代社会では、経済システム、法システ
ム、学問システム、宗教システムなどがそれぞれ自律的に動いているという
ことです。それぞれの機能システムは、どのようなコードで動いているの
か、また、それがどのように発展してきたのかを見ていきます。また、社会
システムのいくつかの類型(タイプ)、つまり「相互行為」、「組織」、
「(全体)社会」、「社会運動」の特徴について概観します。


#122011/07/18 システムの構造的カップリング
- 講義資料(PDF)


#132011/07/25 オートポイエーシスの考え方
- 講義資料(PDF)
ルーマンが引き継ぎ、精緻化した「オートポイエーシス」の考え方について
再考します。



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
Copyright of this site