KGC


[ Japanese ]
COMPLEX SYSTEM THEORY

NEWS


TitleCOMPLEX SYSTEM THEORY [ Syllabus ]



Faculty Takashi Iba
Term2011 Fall
Level Undergraduate


Inquiry - Inquiry about this course


Lecture Video & MaterialsFlash Player
Flash Player is required to play the videos.
Click the lecture title to see lecture materials and video
#012011/09/27 イントロダクション
- 講義資料(PDF)
授業の内容と進め方について説明します。上限人数を超えた場合には、ここ
で履修者選抜を行います。


#022011/10/04 フラクタルとベキ乗分布
- 講義資料(PDF)
自然のなかに潜んでいる自己相似的なかたちや分布について学びます。


#032011/10/11 力学系とカオス
- 講義資料(PDF)
規則に従っているにもかかわらず不規則な振る舞いをみせる「カオス」の現
象/原理/特徴について学びます。


#042011/10/18 生成的なアートと表現(ゲスト:田所 淳さん)
- 講義資料(PDF)
アルゴリズミックな音楽制作を行い、また、openFrameworks の本も出版され
てる田所 淳さんをゲストとしてお呼びし、生成的な表現について語り合いま
す。


#052011/11/01 表現手法・ツール1
- 講義資料1(PDF)
- 講義資料2(PDF)
生成的な世界を簡単に構築するためのツールとして、Processing の使い方を
学び、実際に動かしてみます。


#062011/11/05 カオスの生成力1(合原 一幸先生 × 木本 圭子さん × 井庭崇 鼎談)
- 講義資料(PDF)
日本におけるカオス研究の先駆者である合原一幸先生と、カオスの織りなす
世界を探究し、作品をつくり続けている木本 圭子さんをお呼びし、カオスの
もつ生成力について語り合います。


#072011/11/05 カオスの生成力2(合原 一幸先生 × 木本 圭子さん × 井庭崇 鼎談)
- 講義資料(PDF)
日本におけるカオス研究の先駆者である合原一幸先生と、カオスの織りなす
世界を探究し、作品をつくり続けている木本 圭子さんをお呼びし、カオスの
もつ生成力について語り合います。


#082011/11/08 表現手法・ツール2
- openFrameworksプログラム集
- 講義資料1(PDF)
- 講義資料2(PDF)
生成的な世界を簡単に構築するためのツールとして、Processing を用いて実
際に表現をしてみます。


#092011/11/15 進化と遺伝的アルゴリズム
- 講義資料(PDF)
進化のメカニズムを模倣したアルゴリズムについて学びます。


#102011/11/29 生成的な表現のための道具(ゲスト:魚住 勇太さん)
- 講義資料(PDF)
マルチエージェントによる音楽制作のシステムを開発し、それを用いたパフ
ォーマンスも行っている魚住勇太さんをゲストとしてお呼びし、生成的な表
現について語り合います。


#112011/12/06 自己組織化・進化の工学的応用
- 講義資料(PDF)
自己組織化や進化など、生物にインスパイアされた考え方にもとづくシステ
ム開発を行っている鈴木純一さんをゲストとしてお呼びし、複雑系の考え方
の応用可能性について語り合います。


#122011/12/13 生成的な世界をつくる1(田中 浩也 × 井庭 崇 対談)
- 講義資料1(PDF)
- 講義資料2(PDF)
パーソナル・ファブリケーションの考え方を広め、実践している田中 浩也さ
んをお呼びし、生成的な世界をいかにつくるのかについて語り合います。


#132011/12/20 生成的な世界をつくる2(田中浩也 × 井庭崇 対談)
- 講義資料1(PDF)
- 講義資料2(PDF)
パーソナル・ファブリケーションの考え方を広め、実践している田中 浩也さ
んをお呼びし、生成的な世界をいかにつくるのかについて語り合います。


#142011/12/27 作品発表会【非公開】
学期を通して制作してきた"Complexity-Inspired Art and Design"の作品を
発表してもらいます。

#152012/01/17 作品発表会
- 講義資料(最終レポートについて)
学期を通して制作してきた"Complexity-Inspired Art and Design"の作品を
発表してもらいます。



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
Copyright of this site