KGC


[ Japanese ]
INTERNATIONAL COMPARATIVE LAW

NEWS 11月19日(火)1・2限の補講における出席カードの扱いについて 補講については出欠を取りません。カードは集めますが、コメント・感想等を知るためにだけ用います。他の補講と重なってしまっているみなさん、どうぞご安心を。授業内容は、GCにてフォローしておいてください。


TitleINTERNATIONAL COMPARATIVE LAW [ Syllabus ]



Faculty Atsushi Okuda
Term2013 Fall
Level Undergraduate


Inquiry - Inquiry about this course


Lecture Video & MaterialsFlash Player
Flash Player is required to play the videos.
Click the lecture title to see lecture materials and video
#012013/09/23 イスラーム法への招待
なぜ、イスラーム法なのか。現実からの観察では捉えることの難しいイスラ
ーム法を理解するための基本的な枠組みを提示しながら、イスラーム法研究
の必須性と必要性を明らかにする。


#022013/09/30 シャリーアとは
アラビヤ語で「法」を表す4つの言葉、シャリーア、フィクフ、カーヌーン、
フクムについて、それぞれの語義を明らかにするとともに、アッラーを立法
者とするシャリーアとはいかなる法なのかを考察する。


#032013/10/07 イスラーム法の法源論
イスラーム法の構造上の特質に、法源論がある。聖典クルアーンと預言者ム
ハンマドの言行であるスンナを不易不動の法源とする法の構造を明らかにす
る。


#042013/11/04 イジュティハードの必要性
シャリーアに適った法発見の努力たるイジュティハードの構造的な必須性に
ついて考えるとともに、クルアーン、スンナのほか、イジュマーア、キヤー
スなど人間の側が法発見の際に用いる個々の法源について紹介する。


#052013/11/11 イスラーム法の目的
イジュティハードの際に欠かすことのできない、シャリーアは何を実現しよ
うとしているのかという法の一般的目的について、その具体的内容である
「福利」の概念を紹介しながら考察する。


#062013/11/18 イスラーム法の一般的特質(1)
イスラーム法とは何かをその一般的性質から明らかにする必要性を明らかに
するととに、その第1の特質である「神定性」について考える。


#072013/11/19 イスラーム法の一般的特質(2) 【10/21休講分:1限】
「倫理性」「事実性」について紹介する。


#082013/11/19 イスラーム法の一般的特質(3)【10/28休講分:2限】
「人道性」「調和性」「包括性」について紹介する。


#092013/12/02 イスラーム法の法領域(1)
礼拝、喜捨、斎戒、巡礼といった、アッラーの僕としての行為である「イバ
ーダート」について社会的効用を中心に考察する。


#102013/12/09 イスラーム法の法領域(2)
所有権、契約のシャリーア的基本を紹介するとともに、イスラーム金融につ
いても考える。


#112013/12/16 イスラーム法の法領域(3)
イスラームにおける親子関係について扱うとともに、婚姻、相続などイスラ
ーム諸国において現行法としても取り入れられている法領域についても紹介
する。


#122014/01/06 イスラーム法の法領域(4)
シャリーアにおける、刑法、国際法、統治に関する法にかんしてその基本的
な原則を明らかにするとともに、イスラーム圏における現行憲法とイスラー
ム法の関係についても考える。


#132014/01/14 イスラーム法における人と人権
イスラーム法における人間像を西側の法における人間像と比較しながら、イ
スラームにおける人権について考える。


#142014/01/20 イスラーム法の現代的課題
法と現実の乖離、イジュティハードの停滞、混乱などイスラーム法が抱える
問題を指摘しながら、グローバル化時代の法としてのシャリーアのあり方を
展望する。


#15 ジハードについて
ジハードとは何かを、ユダヤ教、キリスト教における聖戦あるいは正戦の概
念との比較、大ジハード・小ジハードの概念などを紹介しながら明らかにす
る。


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
Copyright of this site