KGC


参考文献

コミュニケーションダイナミクス
担当:深谷 昌弘

◇深谷昌弘、「意味づけ論からソシオセマンティクスへの歩み」、KEIO SFC JOURNAL Vol.2(pp.28-61) 2003

◇田中茂範、「第5章 日常言語における意味」、関口一郎編、『入門セミナー・現代コミュニケーション 1コミュニケーションのしくみと作用』(pp.151-176)、大修館書店、1999

◇深谷昌弘、「第6章 創造的コミュニケーションとガバナンス問題」、関口一郎編、『入門セミナー・現代コミュニケーション 1コミュニケーションのしくみと作用』(pp.177-225)、大修館書店、1999

◇深谷昌弘・田中茂範、『コトバの《意味づけ論》』、紀伊国屋書店、1996

◇田中茂範・深谷昌弘、『《意味づけ論》の展開』、紀伊国屋書店、1998

◇ロバート・アクセルロッド著、松田裕之訳、『つきあい方の科学』、HBJ出版社、1987

◇塚原仲晃、『脳の可塑性と記憶』、紀伊国屋書店、1987

◇フロイド・E・ブルーム著、久保田競訳、『脳の探検』(上下)、講談社、1987

◇ゲオルグ・ブロイアー著、垂水雄二訳、『社会生物学論争』、どうぶつ社、1988

◇尼ケ崎彬、『ことばと身体』、勁草書房、1990

◇J・R・サール著、坂本百大・土屋俊訳、『言語行為:言語哲学への試論』、勁草書房、1986

◇ハーバーマス著、細谷・山田訳、『[第2版]公共性の構造転換』、未来社、1973

◇合意形成研究会、『カオスの時代の合意学』、創文社、1994



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について