face DESIGNING A LOW-CARBON SOCIETY 2017
Lecturer : Hikaru Kobayashi,Makoto Kato,Naoki Matsuo,Rajib Shaw,Wanglin YAN
OPEN CLASS PAGE

地球温暖化問題に焦点を当て、科学および社会的な意志決定と行動の両面から以下の諸点に関し基礎を学び、低炭素社会の構築に向けて重要な基本的視点を獲得する。 1. 気候変動問題の科学的基礎:地球温暖化のメカニズム、影響、気候科学と社会の意思決定、世界の温室効果ガス排出構造、および将来の社会経済シナリオと温室効果ガス排出・気温上昇予測 2. アジアにおける気候変動と開発:経済・社会開発と貧困撲滅が優先課題であるアジアの途上国における気候変動政策の開発への統合(概論および中国・インドネシアの事例) 3. 気候変動国際レジームの形成過程、および気候変動将来レジーム形成の現状と課題 4. 排出権取引制度などの各種政策手法の特徴と,それら制度の設計のキーポイント 5. 排出量の把握・可視化と自己管理:カーボン・フットプリント、カーボン・オフセットやカーボン・マネジメントのシステムデザインとその課題 6. 低炭素社会に向けた内外の取組動向:国、自治体および企業の役割と取組