face MANGA 2019
Lecturer : Fumitoshi Kato,Jun Murai,Masaaki Sato
OPEN CLASS PAGE

本講義は、「出版の未来」(2018年度秋学期開講・寄附講座)での議論をふまえ、巨大なコンテンツ市場を有する「マンガ」に着目し、その技術的・社会的課題について考える。国際的な文脈において、それぞれの文化や制度とともに形づくられていく「マンガ」がどのように変容していくかについて、「APL(アドバンスドパブリッシングラボ)」の協力のもと、長期にわたる経験と最新の現場の知見を動員しながら考察する。 とりわけ媒体の多様性・流動性を理解しながら、私たちの表現やコミュニケーションのあり方や「パブリケーション(=公にすること)」の可能性について考察する。