face インターネットの進化と可能性 2007
担当:村井 純湧川 隆次
授業ページへ

本授業は、インターネットで扱う問題が地球全体の問題となった現状を踏まえて、インターネットのアーキテクチャの整理や見直しを行い、社会的/技術的要求に対して今後どのようにインターネットが成長するべきかを検討していく。アーキテクチャを見直す上で、技術面、社会面、政策面、文化面など様々な角度から議論検討する。今後数十年を見据え、インターネットがインターネットでありうるための理念とそれを実現するテクノロジー体系を考える。
【先端ITスペシャリスト育成プログラム】